ダヌカさんの入管に奪われた名前と入管に壊された人生の回復を求める嘆願署名

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


English Translation Below

 

ダヌカさんの入管に奪われた名前と入管に壊された人生の回復を求める嘆願署名

 スリランカ国籍男性セネヴィラタナ・バンダーラ、ダヌカ・ニマンタさんは、入管に別人として認定され、収容・送還の対象にされています。自国民に別人名でパスポートを発行する国はなく、送還は不可能なのに、この決定を入管は撤回しません。このままでは、ダヌカさんは永遠に、在留も就労も許されず、しかし帰国もできず、入管にはいつでも拘束される、基本的な権利・自由を奪われた宙吊りの状態のままです。しかも別人名での長期拘束が原因で、彼は自国に帰れば命が危険な、難民の境遇に追い込まれてしまいました。

[参考記事] どのように入管はダヌカさんの名前と自由を奪った? (ダヌカさんを支援する会)

 ダヌカさんはこの無権利状態を解決し、自国以外のどこかに、彼を支えてきた大切な女性とともに安全に暮らせる場所を見つけねばなりません。ダヌカさんの名前と人生を回復するため、彼をこのような困難に追い込んだ入管に、私たちは次のことを求めます。

  1. ダヌカさんをダヌカと認め、今まで別人名で行われた全手続をやりなおすこと。
  2. ダヌカさんに在留資格を認めること。

 

署名呼びかけ ダヌカさん/ダヌカさんを支援する会
募集開始日 2020年7月21日

 


To the Minister of Justice of Japan

Petition for the Restoration of DHANUKA’s TRUE NAME deprived of, and his LIFE wrecked by the Immigration Authorities

    Senevirathne Bandara, Dhanuka Nimantha, male, Sri Lankan, undocumented, is recognized in false identity by the immigration authorities. Sri Lankan government cannot issue passport to him in any other name. Therefore, the existing deportation order to him is invalid. Nevertheless, the immigration authorities of Japan refuses to withdraw this decision. Moreover, he became a target of persecution while he was banned from making contact to Sri Lanka.

    Dhanuka cannot return to his country, but is left in Japan with no protection of fundamental liberties and rights. He has to find a place to live safely with his life partner having supported him dedicatedly. The immigration authorities must stop preventing Dhanuka from restoring his life wrecked by it. So we demand:

  1. To recognize Dhanuka’s true identity, and redo the procedure taken in the false name.
  2. To grant Dhanuka residency status.

 

Called for by Dhanuka and the Society of Dhanuka’s Supporters, launched on July 21, 2020.