「新潟県知事選挙からの撤退」を撤回してください!!

このキャンペーンは終了しました

「新潟県知事選挙からの撤退」を撤回してください!!

2,147人の賛同者が集まりました


泉田裕彦知事は、新潟県知事に就任された2004年からの3期12年の間
多岐にわたり新潟県の発展に力を尽くされました。
http://www.h-izumida.jp/topics/20160830.html 

その実行力と、社会的に弱い立場の人々に寄り添う泉田知事の
姿勢には、県の内外から厚い信頼が寄せられています。
それゆえ、泉田知事が今回「秋の県知事選挙に出馬しない」と
発表されて以来、たいへん多くの県民から悲痛な不安の声があがりました。
特に新潟水俣病の患者の方々や、
福島第一原発事故で新潟へ避難してこられた方々、
国の原子力政策に不安を抱いている方々など、
泉田知事の施策に心救われ、拠り所としてこられた方々にとって、
それは本当に切実なもので「生きる希望を失ってしまう」と
表現する方々もおられます。

泉田知事が行ってこられた県政が、
いかにわたしたちを守ってくれていたか、
そして、いかに私たち市民にとっての政治への信頼と希望を繋ぐものであったのかが、
このようなかたちであらためて明確に認識されるものとなったことを
とても残念に感じています。

今年2月の新潟県議会で、
「これまでの県政運営も含め、今一度、県民の皆様に信を問いたい」と述べて、
県知事選挙への立候補の意向を表明された泉田知事。
その際には、記者からの質問に答えて
「柏崎刈羽原発の再稼働の可否とは別に、原子力防災体制を整えないといけない。
課題があると分かっている中で、完成しない形で退くのは美学に反し、
心の引っかかりがある」と立候補を決めた理由を説明なさったとのこと。

私たちは、常に県民の生命・安全・財産を守る視点に立って
全力を尽くしてこられた泉田知事の県政を支持し、
私たちも全力で応援し支えます。
そして県民の立場から課題に向き合ってまいります。
どうか、私たちと共にこれからの新潟県をつくってゆく県知事として、
泉田知事には、「新潟県知事選挙からの撤退」を撤回し、
あらためて新潟県知事選挙への出馬をご決断いただけますようお願い致します。



今日:泉田知事応援・おむすびの会さんがあなたを必要としています

泉田知事応援・おむすびの会さんは「泉田裕彦知事: 「新潟県知事選挙からの撤退」を撤回してください!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!泉田知事応援・おむすびの会さんと2,146人の賛同者と一緒に賛同しましょう。