治験や審査を進めて助かる命を助けたい。 海外では普通に使われているブコラムという薬があります。日本でも承認されれば、けいれん重積で苦しむ子どもの命を救うことができます。

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!


Help Dravet kids through this petition!

English description about this petition is written after the Japanese one, so please go down to see what this petition is about.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブコラム(口腔内投与ミダゾラム)
という薬があれば助かった小さな命があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブコラム。これは、難病“ドラべ症候群”の子どもたちやその親にとって命をつなぐ希望の薬です。

子どもたちをけいれん発作の苦しみから救ってあげたい。海外では普通に使われている薬を使ってけいれん発作を止めてあげたい。 これ以上けいれん重積で幼い命が亡くなることのない世の中にしたい。ただそれだけなのです。

どうか皆様のお力で子どもたちを救って下さい。お願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
けいれん発作が止まらない難病
ドラべ症候群
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一度てんかん発作が起きると病院に救急搬送し、発作を止める薬(ミダゾラム)を使わなければ発作が止まりにくい病気があります。

それが、ドラベ症候群です。

けいれんが止まらない“重積発作”のため、脳が壊死してしまい脳症になって今までできていたことができなくなったり、亡くなるお子さんもおられます。

脳内で小さな電気信号のショート(てんかん発作)が起きると、その異常な電気信号の波は徐々に脳内に広がっていきます。一刻も早く薬(ミダゾラム)を使って脳を鎮静化させなければ、どんどんと発作は止まりにくくなります。

しかし今は病院でしかその薬が使えません。

例えるなら『ボヤの段階なら自分の消火器で消せるのに、大火事になるのをただ眺めるしかなく、ポンプ車が出動した時にはもう手遅れなほど燃え広がっている。』といったところでしょうか。

親は 30分、1時間、時には数時間もけいれんが続く我が子をただ見守ることしかできないのです。

ブコラムがあれば苦しむ我が子を救ってあげられるのに・・・

ブコラムは、そのお薬を家庭や学校などで簡単に使えるように、口の中に投与できるよう開発されたお薬です。

海外では多くの国で使用され、その効果も証明されています 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
患者家族会の署名活動でブコラム承認に
向けた治験スタート。しかし…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発作に苦しむ子どもたちを見守ることしかできない状況を変えたいと、ドラベ症候群患者家族会が自宅や学校で使える薬、ブコラム(口腔内投与ミダゾラム)の早期承認を求めて署名活動を展開し、合計17万1866筆もの署名を集めて厚生労働省に提出。ようやく日本でも治験が始められることになりました。

けれど、治験が進みません。進めようがないのです。それはなぜか。治験を受けるためのハードルが高すぎるのです。治験に協力したい患者はたくさんいるのに…

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

治験の条件や現在の状況は・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

① 治験ができるのは全国でわずか25病院のみ。

↪全国でわずか25しかない登録病院の近くに難病の子どもが住んでいる確率の低さを考えて欲しい。早く発作を止めるためには、遠くの病院には行けないのです。

 治験は平日の昼間のみしかできない(平日日中の重積発作しかデータとして扱えない)
↪発作はお医者さんや製薬会社さんの都合に合わせて起きるわけではありません。

 0歳や10歳以上の子達の治験データが足りない(だから承認されない)

↪ドラべ症候群という病気は最近でこそ早めに診断がつくようになりましたが、それでも1歳を過ぎてから確定されることがほとんどです。まだ診断されてない0歳の子のデータをどうやって集めるのでしょう。また、10歳以上のお子さんの発作は睡眠中に移行していることが多く、②とも絡んで、データを取ることは非常にハードルが高いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解決策はいくらでもある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◽治験を受けるにあたっての実現不可能な条件等を撤廃する。
↪登録病院の数を増やす、平日昼間のみでなく24時間365日治験が行えるようにする。


◽海外の治験データを使う。
↪ED治療薬は前例のないスピード承認。その期間わずか1年。治験は行われず、海外の治験データを使った書類審査だけでした。

 治験や審査を進める手立てはいくらでもあります!
この署名を通じて、どうか、皆さんの力でブコラムの治験を前に進め、けいれん重積で苦しむ子どもたちを救っていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 

以下

患者家族会の親御さんのお話です。


11月のある1週間で、4歳と6歳のドラベ症候群のお子さんが2人、亡くなりました。1人は脳症となり入院しています。みんな、発作が起きた時にすぐに止めてあげられたら、今も可愛い笑顔を見せてくれていたかもしれません。

親が子どもの小さな棺を見送る。
それは、想像を絶するほど、残酷なものです。

4歳の子は新幹線やお花が大好きな、ワンパクだけど心優しい男の子。
6歳の子は、色白でふわふわの、いつもまわりの皆を幸せにしてくれる優しい笑顔の女の子。7歳の誕生日の10日前の出来事でした。

葬儀では、大好きだった「ありがとうの花」の歌が流れていました。

発作が起きて救急搬送するも、けいれん発作が2時間、3時間と止まらなくなり、その命の炎が消えてしまったのです。
けいれんが長く続くと、どんどん止まりにくくなり、ベテランの救命医でもどうすることもできないそうです。
発作が長く続くと、発作を止める薬が結びつく部分が、細胞に奥深くに沈みこんでしまい、薬が効かなくなるからです。

小児神経の先生達は「早く止めることが大切です」といつもお話されています。


「早く止めて!早く止めて!助けて!」

私たちは、息もできずにけいれんし、苦しい思いをしている我が子のため、救急搬送中に祈る事しか出来ません。救急搬送しても、発作が起きてから、薬が投与されるまでには移動や問診、準備など、約50分かかるのです。

発作が起きたなら救急車を呼べばいい、と言う方もいます。
でもそれでは、50分もかかっては、間に合わないのです。

私たちが早期承認をお願いしている薬、
ブコラムの中身は、ミダゾラムです。
いつも病院で発作を止めるために使っている薬です。

口の中に入れるだけの、海外ではたくさんの国で当たり前に家庭などで使われているブコラムを日本で承認するのに、なんでこんなに時間がかかるのでしょうか。私たちが早期承認活動を始めてから5年、国に申請を出してからもう3年半です。

どうして私たちは、大切な仲間のお子さんを重積発作で、こんな形で亡くすことになったのでしょうか。

いったい、どうすれば、誰に言えば、助けてあげられたんでしょうか。

何のために、ブコラム早期承認活動を行ってきたのか。

悲しくて悲しくて、悔しくて情けなくて。

 
最初に治験条件を聞いた関係者は、あまりの厳しい条件に驚き、絶望しました。患者家族も医師も看護師も、皆、なぜこれほどに厳しい治験の条件が課されるのか、理解に苦しみました。

それでも、なんとかこれ以上先延ばしされないように患者も医師も必死に頑張っています。しかしながら、0歳と10歳以上のデータは0のままです。治験期間を延長しても、これほどの厳しい条件では、到底クリアできるはずなどありません。審査も進められません。


私たちは1日、また1日と、今日も無事に朝を迎えられた事に感謝をし、
夜眠っている間も、子どもの寝息で命を確認しながら過ごしています。
小さな大切な命が、どこかへ行ってしまわないように必死でつかまえています。

どうか命をつなぐブコラムという薬を1日も早く承認して頂けることを強く願っています。

子どもの命を守りたいと思った。

一緒に闘ってきた活動してきた大切な仲間の、子どもの命を守りたかった。

どうか自分のお子さんが、自分のお孫さんが、大切なお友達のお子さんが、目の前で苦しんでいたら、と。

考えてみてください。

生まれてから何度も発作に苦しみ、病院に搬送され、点滴やチューブだらけになって、入退院を繰り返して。

それでも頑張って立ち上がって生きようとしている、生きていたいと願っているこの子たちの命を助けてください。
 
今回、多くの患者の親御さんが、
同じように傷つき、心を痛め、それでも前を向こうとしています。
 ‭https://ameblo.jp/k981020/entry-12421054197.html
https://ameblo.jp/natto-ch/entry-12421184016.html
https://ameblo.jp/ayummy19/entry-12421088319.html


最後までお読み頂きありがとうございました。
どうか、皆さんの力で
ブコラムの治験を前に進め、けいれん重積で苦しむ子どもたちを救っていただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。

 

【署名をしたいけど名前が出るのは…という方へ】
自分の情報を公開しないで署名する方法があります。
1.‭change.org‬アカウントでログインした場合
キャンペーンページの右に、赤い「賛同!」ボタンがあります。
その下の「署名およびコメントをキャンペーンページ上で公開」のチェックボックスに「✔」が入っていないことを確認して下さい。
入っていたら、チェックボックスをクリックして、「✔」を外します。
2.Facebookアカウントでログインした場合
‭change.org‬アカウントでログインした場合の作業を行います。
さらに、赤い「賛同!」ボタンの上にある、「Facebookの友達とシェア」に「✔」が入っていないことを確認します。
入っていたら、チェックボックスをクリックして、「✔」を外します。
1.2.を行ったうえで、赤い「賛同!」ボタンをクリックしてください!

【署名後の寄付の案内について】

署名して頂いた後に

出てくる寄付の案内は

本キャンペーンの広告のもので

(寄付して頂くと、多くの方の

目に留まります)

ドラべ症候群患者家族会宛ではありません。

ドラべ症候群患者家族会に寄付して下さる方がいらっしゃいましたら

こちらまでお願い致します。

ドラべ症候群患者家族会

 

【署名についてのお問い合わせ】

貞本建太 dravet.change.org@gmail.com

 

Could you help my kid with Dravet syndrome?

Dravet syndrome is a rare, catastrophic, lifelong form of epilepsy and it is said that it affects 1 in every 15,700 individuals. Since patients with Dravet syndrome often have prolonged seizures, they face a 15-20% mortality rate.

We are now collecting signatures for Buccolam®’s approval in Japan. Buccolam® is a type of medicine used for the treatment of prolonged convulsive epileptic seizures in children, and it could be a medicine that saves patients with Dravet syndrome from losing their lives.

We collected the signatures for its approval three years ago, and clinical trials have finally begun. Unfortunately, the conditions of these trials are too strict and there has not been enough data collected to pass this trial stage. There are only few facilities carrying out these trials nationwide, and they are carried out only during the daytime on weekdays, both of which makes it extremely hard to conduct trials due to the small number of patients available. Also, the age limit makes it even harder to collect data.

Thus, we have decided to collect signatures again to alleviate trial conditions and to allow the referral of data collected in counties outside of Japan using Buccolam®.

Delaying the approval of Buccolam® means losing more lives. We cannot wait any longer. If you could support us in this petition, please click the red button on the bottom for your signature.

Please refer to the following for the announcement for the promoted petition you will see after you agree:

https://help.change.org/s/article/Promoted-Petitions-FAQs?language=en_US

For more info about Dravet syndrome, please refer to the following:

https://www.dravetfoundation.org/what-is-dravet-syndrome/

For more info about Buccolam®, please refer to the following:

https://patient.info/medicine/buccal-midazolam-for-seizures-in-children-buccolam

http://chng.it/gMJHxg2p



今日:建太さんがあなたを信じています

貞本 建太さんは「治験を進めて助かる命を助けたい Help Dravet kids through this petition!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!建太さんと29,718人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。