集まれ!有志!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


【星稜高校サッカー部 河﨑護総監督の件】

一部の報道や情報だけにとらわれず、最後まで読んでいただき、賛同いただいた上、署名のご協力をお願いいたします。

尚、暴言.暴力の件と、金銭問題、選手権予選の敗退などは、切り離して暴言.暴力の件に対して学校側に河﨑総監督への処分軽減を求める嘆願書になることをまずはご理解ください。

今回の件に対して、学校は第三者委員会を暴言.暴力に対して立ち上げておりますが、金銭問題に対しては第三者委員会を立ち上げておりません。
また、この署名は教育現場における暴力・暴言を決して認める意ではありません。

今回の週刊誌へのリークは、暴言.暴力に対して実際に被害を受けた生徒やその親からではありません。
一番関わり合いが強いトップチームやOBの方々は、時には指導を受ける側にも悪いことはある。なんとも思っていない。今は愛情を感じ、感謝しているとも言われております。

今までの星稜サッカー、石川県のサッカーの発展に尽力してきた功績や教え子たちの感謝の言葉からしても河﨑総監督からサッカーを奪う権利は私たちにあるのでしょうか?誰にでもミスはあります。しかし、暴言.暴力で傷ついた生徒もいます。それを認め、謝り今後の改善へのチャンスもないのでしょうか?学校教育であれば、間違いやミスを誤り、許すということも教えるべきではないでしょうか?もしあなたの大切な家族が同じような誤りをしてしまったら、あなたは厳しい処分だけを求めますか?

河﨑総監督は、サッカー部に携わり約35年、選手・学校の事を誰よりも強く思い、時には親に代わって愛情をもって厳しく指導され、指導の現場を離れれば、良き相談役として選手とコミュニケーションを計ってきました。
そこに感謝している選手や生徒、OB、保護者もたくさんいることをご理解ください。

子供たちやサッカーを愛する人とともに、ぜひ今の3年生を笑顔で卒業させてください。このような思いで処分軽減を求める嘆願書を作成しました。

賛同いただける方は、是非ご署名をお願いいたします。

注) 現在、アクセスできないという情報をかなり頂いております。アクセスできない方は、

seiryo.yushi@gmail.com

まで、①氏名 ②住所 ③賛同します。を、上記アドレスまで送信お願いいたします。

カウントされているか、ご不安な方も送信してください。

当方で重複をチェックしますので、ご安心ください。尚、個人情報については厳重に管理いたしますので、他の用途で使用する事は一切ございません。