宛先:内閣総理大臣 内閣総理大臣 安倍晋三 と2人の別の宛先

沖縄・高江における米軍ヘリパッド建設中止を! Stop Construction of the US military helipads around Takae

0

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!

English>http://www.foejapan.org/en/aid/160730.html
フォームメーラー経由の署名>https://pro.form-mailer.jp/fms/e5d35147104620
団体賛同>https://pro.form-mailer.jp/fms/81013f76104628

※第四次締め切り2016年9月30日

※8月22日までに、61カ国から231団体、14,011人のご賛同をいただきました。
防衛省宛てに、みなさまからいただいたメッセージを提出しました。

※防衛省・環境省・警察庁と会合をもちました。報告はこちら

「やんばるの森」は、沖縄島北部の国頭山地に広がる亜熱帯の森。ヤンバルクイナをはじめ、地球上でこの森や琉球列島にのみ生息し独自に進化した固有種が見られ、特有の生態系が形成されています。また多くの絶滅危惧種を含む希少種や固有種が生息しており、世界的な生物多様性保全の上でも重要な地域とされています。
その価値が認められ、現在、世界自然遺産登録に向けけての取り組みが進められています(注1)。
東村高江は人口150人ほどの小さな集落。自然豊かな環境で住民は平和に暮らしてきました。住民たちは、やんばるの森を「神々のすむ森」として畏敬し、守ってきました。
しかし、集落を取り囲むように、6か所の米軍オスプレイ用離着陸帯が造成されようとしています。住民の強い反対にも関わらず、すでに2つは出来てしまい、耐えがたい騒音をまき散らしてオスプレイが昼も夜も飛び続けています。
今年7月になって隣接する国頭村安波の4か所を造成するために、政府は日本中から500人もの機動隊を派遣し、座り込みの抗議行動を非暴力で行う住民と支援者を暴力的に排除しました。この結果、首を絞められた女性、ろっ骨を折られた男性など、3人が救急搬送されました(注2)。また、沖縄防衛局は市民のテントや全国からの支援物資を持ち去りました。この行為を含み、日本政府の今回の強行手段は違法性が高いものであると複数の弁護士が指摘しています(注3)。
日本の本土のメディアは、ほとんどこの状況を報じません。
 私たちは、日米両政府に訴えます。このように、人権を踏みにじり、かけがえのない自然と人々の暮らしを壊す高江のヘリパッド建設の強行を直ちにやめてください。
私たちはまた、日本・世界のメディアに訴えます。この信じられないような沖縄県東村・国頭村の状況を取材し、真実を報道してください。
 私たちは、日本および世界中の心ある市民に訴えます。生物多様性の宝庫であるやんばるの森を守るため、必死で抵抗を続ける人たちのために、声をあげ、行動をおこしてください。

注1)ただし、日本政府による、やんばるの世界自然遺産推薦候補地は、比較的開発が進んだ国頭山地西側だけで、良好な自然が残されている東側の米軍北部訓練場は除外されている。
注2)複数の住民・支援者の証言および多くの映像資料による。主要な報道は以
下のとおり。
・琉球朝日放送)高江で強制排除始まる 2016年7月22日 放送
http://www.qab.co.jp/news/2016072281990.html
・RBC THE NEWS「東村高江ヘリパッド工事再開」2016年7月22日放送
https://youtu.be/rxQq3u_DN2Y
・沖縄タイムス「<米軍ヘリパッド>工事強行、3人搬送 警官500人で市民排除」
2016年7月23日 16:50
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=179701
・琉球新報「国が高江工事を強行 機動隊が市民排除 10時間超 県道封鎖」
2016年7月23日 05:04
http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-321711.html
注2)指摘されている違法行為は、①県道にもかかわらず、県側の許可を取らずに金網のフェンスを張った、②県道にもかかわらず、明確な理由なしに封鎖し、検問を行ったこと、③住民側のテントおよび支援物資を持ち去ったこと、④N1に至る道を営林署への事前協議なしに立木の伐採を行った疑いがあること――などである。

呼びかけ団体(2016年7月30日時点):
国際環境NGO FoE Japan
美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会
辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
沖縄環境ネットワーク
沖縄のための日米市民ネットワーク(JUCON)
ジュゴン保護キャンペーンセンター
ラムサール・ネットワーク日本
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
APLA
水源連
ピース・ニュース
公共事業改革市民会議

We must act now to protect the precious biodiversity of the Yanbaru Forest and the lives of the people of Takae!
The construction of the US military helipads in Takae cannot continue!

‘Yanbaru’ is a subtropical forest spanning the Kunigami mountains in northern Okinawa. It is a refuge for many endemic species including the Yanbaru Kuina (or Okinawa Rail), an endangered flightless bird specific to this area. The forest has evolved its own unique ecosystem.

Yanbaru Forest meets the criteria for World Heritage Listing, ‘containing the most important and significant natural habitats for in-situ conservation of biological diversity, including those providing habitat for threatened species of outstanding universal value from the point of view of science or conservation.’

Takae, Higashi is a small village with a population of 150. The residents have lived a peaceful existence here surrounded by the beauty and abundance of nature. Believing Yanbaru to be 'the residence of the gods', they have both stood in awe of, and protected it.

However, the US Marine Corps, abetted by the Japanese government, are now in the process of constructing four more V-22 Osprey helipads in addition to two existing operational helipads. The construction is planned in a layout which will surround the residential area of Takae, and will require the removal of large swathes of forest and habitat. The sky above Takae now reverberates with the terrifying noise of Ospreys day and night.

In July 2016, the Japanese government sent 500 riot police to forcefully remove the non-violent protestors from conducting a peaceful “sit-in” so that construction of the remaining four helipads could proceed. These riot squads have used brutal violence which resulted in sending 3 protesters to ER by ambulances, including a male protester with broken rib and a female protester being choked .[1] The Okinawa Defence Bureau also confiscated the protesters’ base tents and supplies received from supporters throughout Japan. The legal professionals have pointed out that the means resorted to by the Japanese Government over this period,
including the above-mentioned actions, have been highly illegal.[2]

However, the Japanese mainstream media have barely covered this issue.

We demand that the governments of Japan and the United States immediately cease the construction of the helipads, and the trampling of human rights, the destruction of biodiversity and the interruption of the peaceful lives of Takae residents.

We urge the media in Japan and the world, to cover this human and ecological crisis in Takae, Kunigami, Okinawa and expose the truth to the public.

Finally, we make a plea to all global citizens with consciences, to raise their voices and take action to support the people of Takae, who continue their desperate struggle to protect the biodiversity contained within the precious Yanbaru forest.

[1] See below:
http://www.qab.co.jp/news/2016072281990.html
https://youtu.be/rxQq3u_DN2Y
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=179701
http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-321711.html

[2] The illegal acts being pointed out include 1) closing the public road that is under the jurisdiction of the prefecture and setting up checkpoints without clear reason or explanation, 2) confiscation of protesters’ base tents and supplies 3) suspicion of clearing the vegetation on the path leading to N1 (one of the designated construction sites) without prior consultation with the District Forest Office.

Signatories - as of July 30, 2016
Friends of the Earth Japan
Citizens against military bases in Churaumi and in Yanbaru
Henoko Relay
Environment Netwaork in Okinawa
Japan - US Citizens for OKINAWA Network(JUCON)
Save the Dugong Campaign Center(SDCC)
Ramsar Network Japan
Greenpeace Japan
APLA(Alternative People's Linkage in Asia)
Peace News
Citizens' Council to Reform Public Works

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 内閣総理大臣
    内閣総理大臣 安倍晋三
  • 内閣府総理大臣
    安倍晋三
  • 内閣総理大臣
    内閣総理大臣 安倍晋三 様


    FoE Japan さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では11,523名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:夏花さんがあなたを信じています

    満田 夏花さんは「沖縄・高江における米軍ヘリパッド建設中止を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!夏花さんと11,522人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。