無裁判で投獄、拘禁され続けている高橋香代子の即時釈放を求めます

キャンペーン成功!

無裁判で投獄、拘禁され続けている高橋香代子の即時釈放を求めます

166人の賛同者により、成功へ導かれました!

発信者:天野 邊 宛先:水戸地方検察庁

東京オリンピック開催に反対してする抗議行動として、茨城県水戸市で行われた聖火リレーのトーチを水鉄砲で消そうとして威力業務妨害の疑いをかけられ逮捕されました。彼女は一週間が経とうとする2021年7月11日今日現在も代用監獄(留置所)に拘禁されています。

私たちは高橋香代子が無裁判での投獄に抗議し、彼女の釈放を求めます。

今年の夏、日本では新型コロナウイルス感染症パンデミックの最中にも関わらず、この感染症を広めることも顧みず、一部の受益者のために行われることが公然とされた『東京オリンピック2020』(以下、オリンピック)が強行されようとしています。
他のイベント(例、『ロック・イン・ジャパン・フェスティバル』、『コミックマーケット』)などが茨城県医師会などからの中止要請を受けて自粛される中、オリンピックだけは「五輪大会には要請書は出していません。...要請を出す時期でも案件でもないという判断です。...」という到底理解し難い例外の判断により、開催のためだけに東京首都圏は4度目の緊急事態宣言発令という、最悪の事態となっています。こうした中で強行されるオリンピックの開催には、多くの懸念と批判が集まっています。

撮影されたインシデントの映像において、高橋香代子は「トーチの灯を消せ! 東京オリンピック反対!」とスローガンを叫びながらトーチに水鉄砲で水をかける行動による行動によって逮捕され、起訴事実を認めていると報じられています。しかし一週間が経とうとする現在も、裁判を経ることもなく法的根拠もなしに代用監獄による不当な拘禁が続いてています。

海外からも多くの方々が集まり、国内だけでなく、日本国外にもパンデミックを広められることが避けられないオリンピックの強行開催に対して、医療従事者である高橋は、人命尊重の立場からオリンピック開催を中止させることを目的としてこの行動が行われたことは明白です。

本件の被疑事件について高橋は容疑を認めていると報じられているにも関わらず、オリンピック開催を国是とする権力は彼女の保釈申請すら認めず、人権に反してオリンピック期間いっぱいを拘禁し続けようとしています。 こうした無裁判による代用監獄での拘禁は、明確な人権侵害に他なりません。
家族も寂しがっています。

私たちは高橋の釈放を求めます。

キャンペーン成功!

166人の賛同者により、成功へ導かれました!