武蔵ホールの存続を希望します!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


武蔵ホールにはどこか不思議な力があって、お客さんにも演奏者にも本当に温かい空間です。

演奏する人も聴いている人たちも、あのホールの柔らかい響きに包まれると、ただある音楽を素直に感じることができて、ただ音楽があることを心底幸せに感じることができるのです。

私はフルート奏者として、武蔵ホールの企画に参加したことがあります。
音楽が本当はとても柔軟で自由なものだと知らなかった私は、このホールとの出会いはとても大きく、かけがえのないものでした。

武蔵ホールは、本当に地域の人たちから愛されている場所です。

ホールと演奏者だけでなく、お客さんまで一緒になって創り上げてきた数々の企画。それを見て、また足を運びたい、いつかあのホールで自分の音楽を響かせたい、そう願っている人たちがたくさんいます。
しかし今回のコロナウイルスの影響で公演のキャンセルが続き、このままではこの素晴らしいホールがなくなってしまう可能性があります。

それは本当に悲しく、辛いことです。私たち芸術家にとっても、その芸術を愛する人たちにとっても、あのホールはなくてはならない存在です。

どうか私たちのこの想いに共感、賛同してくださる方は、この署名運動にご協力いただけると嬉しいです。

ホール存続が決まる理事会が3月24日(火)に行われるので、締め切りを同日16時までとさせていただきます。どうか少しでもたくさんの方にシェア、拡散していただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします!

松本 寛子