ハマ弁事業の速やかな撤退を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


横浜市の中学校に林市長が導入したハマ弁


1食あたり6313円ということが市議会にて明らかになりました。

ハマ弁はわずか1%しか利用されていないにも関わらず、当日注文ができるようにするなど企業努力もほとんどないまま来年度からハマ弁を値下げして予算を3億近くを追加して事業を続けると話す林市長。

 

[ハマ弁の問題点]
☆1食辺り6313円の公費負担している
(ハマ弁業者が提示した金額、1食8385円を受け入れられる理由は不明)


☆ハマ弁の材料費1食702円
(同じくこの金額を市が受け入れられる理由は不明)


☆ハマ弁の金額、保護者購入設定290円は妥当と話す林市長
(利用者はハマ弁代と税金を払う。利用者以外は税金を払う。)


☆開始当初、年間五億という設定だったにも関わらず20%の目標達成するまで税金投入し増額もあり得ると林市長は主張
(業者との協定も状況に応じて変えていくとのこと。利用者や市民の要望を受けて変えていくという発言はなく、ハマ弁事業を20%にしていくためにということ。やめるという選択肢はなし)


☆2016年から一年半もかけて事業を進めてきたが、1%しか喫食率が上がらないことについて周知が足りないからとしている。一年半もかけても拡がらないだけでも大きな問題なのに、そこへの反省や責任問題は全く見られない

☆また当日注文出来ない、当日キャンセル出来ないという利用者側の一番の要望を無視して、システムの改善の努力もなく、市民、保護者に理解していただきたいの一点張り。ハマ弁業者に対しては「ハマ弁業者様と連携していく」と利用者に寄り添わず業者を持ち上げる発言を繰り返す。

☆事業としての問題点を一切振り返らず、事業としての成功に満たない場合、いつ撤退するのか等も検討せず時間をかけないとわからないという林市長。一年半で充分結果は出ているのではないか?その責任すら感じていないことは行政として大きな問題である。


☆ハマ弁推進の理由として、選択肢の充実と主張しているが、行政がある程度負担保障してくれることを利用者が望んでも、当日注文出来ないお弁当の選択肢を多くの税金を使ってつくって欲しいという要望は存在するのでしょうか


☆異物混入も続いており、雪の日も配達出来ない。業者は東京、横浜、川崎。銀行は千葉銀行。
登録送付先は北海道。安全面や様々な配達リスクをクリアしてるとは思えず、何より当日注文出来る地域業者がハマ弁値下げにより、潰れてしまう可能性も大きい。実際に中学校から地域業者がいなくなりハマ弁しか選択肢がなくなってしまい困っているという声も多い。


☆地域業者は材料費、運送費、人件費込みで販売しており、利益がほぼない中で地域の子どもたちのために中学校に配達してくれている。ハマ弁という名前の通り、本来であればそのような地域業者に横浜市は公費を使うべきではないだろうか?


☆ただでさえ、教育予算が足りないという理由で横浜の教育現場では色々なものが削られ、栄養士も不足し小学校の給食はメニューも貧相という評価をされている。
明らかに予算の使い方を間違えているのではないだろうか?

以上のことから、
ハマ弁は横浜市の中学校昼食として導入されたものとしては相応しいと言えるものではないため、林市長は速やかにハマ弁事業の見直しと市民の声を聞き、より良い食育を子どもたちに提供出来る取り組みをするよう要望します。

 


以下朝日新聞の記事です。
↓↓↓↓↓
中学校給食を実施していない横浜市が、給食のかわりに導入した配達弁当「ハマ弁」の市費負担が、2016年度に1食あたり6313円にのぼったことがわかった。17年度は改善したが、それでも1食2千円程度となる見通し。利用率20%を想定したのに、実際は1%台に低迷しているためだという。

 20日の市議会予算特別委員会で、井上桜市議(無所属)の質問に林文子市長と岡田優子教育長が答えた。

 ハマ弁は16年7月から段階的に提供が始まり、17年1月に市内全中学校に広がった。民間業者が調理・配達を担い、生徒(保護者)の自己負担と市費で運営されている。

 答弁などによれば、16年度の提供数は計4万7825食。初期投資を除いた市費負担は3億192万円だった。1食あたりで公費が6313円投じられた計算だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000004-asahi-soci

 

 



今日:ゆみこさんがあなたを信じています

広こし ゆみこさんは「横浜市長 林文子市長: ハマ弁事業の速やかな撤退を求めます」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ゆみこさんと1,244人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。