キャンペーン成功!

桑沢デザイン研究所の学生による新型コロナウィルスの影響を受けての「学費の一律減額化」希望の署名

403人の賛同者により、成功へ導かれました!


皆さんこんにちは、桑沢デザイン研究所に在籍していますファッション科2年の東倉 功武です。

突然ですが、今回の署名では新型コロナウィルス(COVID-19)で経済的に影響を受けている学生達への救済として、

「学費の一律減額化」

の特別措置を桑沢学園に求める署名にしたいと考えています。

このような経緯になった理由として、自分の友人の中には、学生自ら学費を賄っていたり、生活費を自分で稼いでいたり、家族の収入が減り金銭的な理由で学生生活に支障をきたしている生徒が大勢おり、コロナウィルスの影響でアルバイトの収入も減り続ける中で今までの生活で何とか補えていた学費や教材費が足枷となり、生活の困窮化が加速してしまうのではないかと危惧した為です。

奨学金や親の支援を受けている生徒も多いでしょう。しかし、IMF(国際通貨基金)によるとコロナウィルスの感染拡大で、世界経済は1920〜30の「大恐慌以来最悪の同時不況」に直面していると発表されました。私自身も奨学金を借り、鹿児島県から上京し一人暮らしをしています。卒業後に運良く就職ができたとしても不況が続いていれば奨学金の返済が、どれだけ負担になるか想像もつきません。

 

少しでも早い段階で不安の芽を摘み、私達自身ができることを全うするのが私達の務めだと思います。

そして、この署名を後押しして下さった鈴木一成先生のご要望により、この署名とは別に「遠隔授業」が中心となった場合に生徒はどのような対応を求めているのか?どのような理由で遠隔授業を危惧しているのか?どのような理由で困っているのか?という様な要望をアンケートにまとめてくれたら非常にありがたいとのお声がありました。

ですので、この署名と並行してアンケートも実施したいと思います。勿論、遠隔授業以外の不安な点なども書いて頂いても大丈夫です。

最後に、私達学生の見えない所で通常の3〜4倍の仕事量をこなして頂いている先生方に感謝の気持ちを忘れずに、私達の今の学生生活を、卒業した後の未来を明るく照らすためにも団結してこの署名を通したいと考えています。

桑沢デザイン研究所の先生方、関係者の方々、学生が協力すれば現状打破も夢で終わらないと思っています。乗り越えましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アンケートURLhttps://docs.google.com/forms/d/1x7CstRs4yE1fLlGoNRJAomGJeuvZwc-x9PDJnRjCXtA/edit

 



今日:功武さんがあなたを必要としています

東倉 功武さんは「桑沢デザイン研究所: 桑沢デザイン研究所の学生による新型コロナウィルスの影響を受けての「学費の減額化希望」の署名」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!功武さんと402人の賛同者と一緒に賛同しましょう。