Petition Closed

私は今、2ヶ月になる娘と一緒に出勤しています。しかし、多くの働く女性がそれが可能とは限りません。今も待機児童は多く、そのために働けない女性が多いということを、子どもを持ってみて、保育園事情を知って実感しました。私自身は、新しい保育の仕方についても模索していますが、安心して子どもを預けられる場所がなければ働き続けることができない、そのような母親は、今多いはずです。

私は、代々木上原に住んでいます。住み心地がいいし、便利なところです。実家も離れているのですぐには預けられません。保育ママを探そうとしましたが、最新の情報が渋谷区のページに載っていません。そのような実情もあります。

多くの方が、イキイキと働ける環境をつくるために、その声を行政にも届けたいと思います。

横浜市では、増え続ける保育所入所申込者に対応するため、保育所の整備を積極的に進めた結果、10年間(平成14年~24年)で約2万人分の保育所定員を整備しました。待機児童数ゼロも目前に迫っています。待機児童は解決できる問題なのです。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/kinkyu/jidou.html

もちろん、つめこみ保育で質の低下を招くのは本末転倒ですが、改善に向けて今すぐ動いてほしいと希望します。

待機児童問題を解決すれば、こどものいる女性が働く機会が増えます。それは、社会や経済全体にとってもプラスだと思います。

どうか、早急に保育所を増やしてください。

Letter to
桑原敏武 渋谷区長
待機児童問題に悩んでいるのは、私だけではありません。多くの人が困っています。
また、待機児童問題を解決すれば、こどものいる女性が働く機会が増えます。それは、社会全体にとってもプラスです。

待機児童ゼロを実現するため、保育所の整備を積極的に進めてください。

もちろん、つめこみ保育で質の低下を招くのは本末転倒ですが、改善に向けて今すぐ動いてほしいと希望します。