Vtuber事務所、株式会社ZIGの事業改善について

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


株式会社ZIGが運営するVtuberグループ『OPENBETA』では、事業開始から1年で15人ものVtuberが卒業しました。

その原因の一部が会社側にあることは、リスナーの間でも広く知られていることです。

しかし、株式会社ZIGは所属Vtuberが立て続けに卒業しているにも関わらず、リスナーに一切の説明をもたらさない上に、卒業してしまったVtuberを補填するかのように次々と新たなVtuberをデビューさせています。

株式会社ZIGがそうしなければならない理由は、事業開始当時に掲げた『Vtuber100体プロジェクト』という目標です。

しかし、この目標は会社規模からしても到底達成できるものではないです。

現に所属Vtuberやリスナーへの配慮を怠る結果となり、毎月数人の所属Vtuberが卒業の道を選んでいます。

このままでは、OPENBETAに未来はない。

そう考え、私は株式会社ZIGに事業改善の嘆願書を作成することにしました。

株式会社ZIGには、下記の事項を果たしてもらいたく思います。

1.Vtuber100体プロジェクトの撤回

2.所属Vtuberが立て続けに卒業してもなお、このプロジェクトを推し進めようとしたことの説明

3.株式会社ZIGがVtuber事業を通してやりたかったことの説明要求

4.上記3項目について、株式会社ZIG代表取締役社長兼CEO小泉拓学氏より説明要求

私たちの大切なOPENBETAに所属するVtuberを守るためにも、ご賛同頂けるかたは署名をお願いします。