クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求めます

クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


【お知らせ】2019/5/30の提出に向け、同29日23時59分までにいただいた署名を一旦DLしております。1000人を超える署名を頂き嬉しく思います。声を上げてくださった皆様、ありがとうございます。署名自体は引き続き可能ですので、宜しく御願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨今、ナイトクラブにおいて、同意のない相手(性別問わず)に対し身体的な接触や性的な言葉を投げかけるなど、セクシュアルハラスメント被害がSNS上で報告されています。さらに、被害の報告だけでなく被害を訴えたにもかかわらずその後の箱側・運営側の対応も問題視されています。

そこで、本署名において「あらゆる性別や人種、セクシュアリティや身体的特徴に関わらず、全ての人が安全かつ尊重されるべき」といったステイトメントの表明とクラブハウス内での掲示、公式HP上での掲載に加え、エントランス時に利用客へ提示するなど周知対応を求めたいと思います。

ステイトメントの内容は、現在国内のいくつかのクラブハウスで掲示されている
ステイトメント:クラブに遊びに来てくれる全ての人たちへ
もしくは、海外の音楽イベント、会議などあらゆる分野でsafe space policyのテンプレートとして多用されているパブリックドメイン
Ada Initiativeや他のボランティアによって作成されたGeek Feminism wikiにおけるアンチハラスメントポリシーのサンプル例
に基づくものを要求したいと考えます。

署名の提出先は国内の大規模クラブハウス運営会社。今夏をメドに集約し、Eメールもしくは郵送などにて要求の提出を予定しております。提出先に関して、私が名前を挙げているほかにも提出先の候補などありましたら問い合わせ先までご連絡いただけますと幸いです。

その他、ご意見・ご要望などは、ququpupus@gmail.com or Twitter@ququpupu_ へDM まで、いただきたく思います。

署名ご協力の程、よろしくお願いいたします。

―――――5/28 16時追記↓

クラブでのアンチハラスメントステイトメント表明について、1日足らずで500人を超える署名を頂きました。ありがとうございます。

今回、個人の尊重のためにハラスメント抑止や差別解消という命題について、考えを持ち賛同してくださる方が多く嬉しく思います。皆さんの表明がこのアクションだけでなく空気感の変化を起こすことにつながるのではないかと考えます。また、ご自分の箱やオーガナイズしている企画でステイトメントを掲示することを意思表示してくださった方も少なくありませんでした。重ねてお礼申し上げます。

今回の件に関して、すべてにご賛同いただけなかったとしても、今回の署名活動を契機にクラブというフラットな場で起きるハラスメントなどの抑圧について議論や思考をしていただけたのであれば幸いです。

さて、次のアクションとして、署名は引き続き継続しますが、一旦いただいた署名を【5/29 23:59】を目途に区切り、5/30に名前を挙げている運営会社各位にメールをしようと考えています。その際に要求する内容は下記の4点です。(4点目は付け加えてほしいという要望のメールをいただきましたので付け加えました)

  • 運営会社として、クラブでのアンチハラスメントや反差別のステイトメントを表明する
  • ステイトメントを表明した場合、クラブハウス内に掲示するなどといった周知対応を取る
  • ステイトメントを表明した場合、運営するクラブハウスの公式HP上に掲載する
  • 性被害のみならず、ハラスメントや差別行為が起きたと訴えがあった場合、箱側として対応に尽力する

    メールの文面並びに先方からの返信などその後の対応は逐一皆さんに共有いたしますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。