パワハラ加害者の松井珠理奈のAKB選抜総選挙での一位剥奪だろ

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


2011年の東日本大震災の後、AKB48グループは「フライングゲット」という曲で日本国民を励まし、メディアの影響力によって楽観的な精神を伝え、日本の災難後の復興のために精神と動力をもたらした。

AKBの国民アイドルとしての意味は、積極的で楽観な精神を観客に伝えることだが、今年のAKB選抜総選挙で松井珠理奈が公然として職場で後輩をいじめ、メディアネットワークによって、極めて悪い影響を及ぼした。若い人がツイッターでこれを冗談にしたり、引き続いて伝播したり物まねをしたりした。もしこのようなことに厳罰を与えないならば、10年、20年後にこれらの子供たちが成長した後の職場はパワハラあふれるにちがいない。あなたは子供が将来職場でいじめられてほしいなのか?

そのために、私たちは、パワハラの炎を完全に消し、パワハラ加害者に最も重い罰を与えなければならない。akbは国民的アイドル団として、日本への影響がとても大きいので、総選挙での一位の松井珠理奈に国民の前で厳罰を与え、その一位の資格を剥奪されることは国民がパワハラを容認しないという願いである一方、パワハラを認めないことを国民に示すのだ。これは日本の職場にいい雰囲気をもたらす。

これを持ってすべてのパワハラの被害者に捧げる。



今日:Fumukairaさんがあなたを信じています

Kuma Fumukairaさんは「株式会社AKS: パワハラ加害者の松井珠理奈のAKB選抜総選挙での一位剥奪だろ」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Fumukairaさんと28人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。