僕のヒーローアカデミアを不当な批判から守ろう!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


僕のヒーローアカデミアに登場する、『志賀丸太』というキャラクターが731部隊(ここでは詳細は割愛します)を想起させるとして、韓国・中国のユーザー少年ジャンプ編集部、または僕のヒーローアカデミアの作者である堀越先生のTwitterアカウントに対して批判ツイートを投げかける、といった問題がありました。

創作と歴史問題は度々衝突がありますが、今回の件に関しては"明らかに不当である"、と言う他ありません。

堀越先生は今回の件に関してご自身で釈明のツイートを行っており、名前を差し替えるとまで仰られました。これは異例のことであり、ここまでの対応を行った作品はほぼないでしょう。

それにも関わらず、韓国・中国のユーザーは堀越先生に対して過激な言葉で謝罪を求め続け、「DON'T USE 丸太」という言葉を自身のアカウントの名前やタグに付け囲み続ける、あまつさえ殺害予告も出しているという明らかに不当な攻撃を続けています。

このような状況でまともな判断を下せるものでしょうか?創作に対する意見として度を超えてはいないでしょうか?堀越先生の作品に対する想いを奪っていないでしょうか?

こんな不当な批判に堀越先生が想いを込めて作ったキャラクターを奪われたくありません。

丸太という日本で常用されている言葉に対してここまでの攻撃を行うのは最早言葉狩りと言っても過言ではありません。これを認めてしまえば次から次へと日本の創作の自由が奪われてしまうでしょう。

そこで、このキャンペーンでは以下の点を妥当な解決策とし、賛同する方を募集致します。

  • 堀越先生の作品に込めた想いを守るため、『志賀丸太』というキャラクターの改名は行わない。ただし、問題とされている国の翻訳版では名称を変更することを認める

なお、本キャンペーンはあくまで堀越先生が不当な批判を受け、やむを得ず不本意ながらも改名の対応を行った、ということが前提となります。この署名の結果は堀越先生の意向を強制させるものではありません。それでは私達が今から抗議しようとしているものと何も変わりません。この署名は私達の気持ちを一意見として、集英社、並びに僕のヒーローアカデミア関係者に伝えるものとします。

長くなりましたが、皆様の想いを伝えられる場になればと思い、本キャンペーンを作成させていただきました。皆様のご署名のご協力を心よりお待ちしております!

PLUS ULTRA!!!