#シャクレルプラネットの販売中止を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


  • タカラトミーアーツ社のシャクレルプラネットは多くの方々の人権を侵害しています。

「シャクレルプラネット」とは、株式会社タカラトミーアーツが販売している玩具です。具体的には動物をシャクレの状態(下顎が上顎の前に出た状態)にした人形です。2016年に発売されて以降人気を博し多数の商品が展開されており、商業施設のガチャガチャコーナー等多くの年代の方々の目に触れるところで販売されています。

「シャクレ」はバラエティ番組等で笑いのネタにされる事がありますが、後述の通り下顎が前に出るという特徴は病気が原因です。病気による容姿の特徴を笑いのネタにする事が許される訳がありません。

◆シャクレとは
医学的には顎変形症(がくへんけいしょう)という病気の一種で、下顎前突症(かがくぜんとつしょう)という病気の事です。下記Wikipediaの内容をご参照ください。

下顎前突症(Wikipedia)

故意に下顎を突き出す事を「シャクレ」と表現する事がありますが、それは下顎前突症の状態を真似しているだけの事です。

◆問題点①

先述の通り、シャクレは下顎前突症という病気の事です。病気による特徴を模した人形が、倫理的に許されるのでしょうか。商品のキャッチコピーは「シャクレは、進化だ」となっています。病気の事を「進化」とネタにする事は許されるのでしょうか。
容姿に特徴が現れる病気は他にもあります(口唇口蓋裂、斜視など)。その様な病気による特徴を模した人形は、果たして許されるでしょうか。玩具であれば、動物の人形であれば、病気の特徴を模したものは許されるでしょうか。進化とネタにする事が許されるのでしょうか。そんなはずは無いと思います。
下顎前突症は審美面だけでなく、発音・発声の障害、咀嚼障害などを引き起こす深刻な病気です。その病気を面白おかしく玩具の題材にする事は、許されるのでしょうか。どう考えても許されるはずはありません。

◆問題点②

このキャンペーンを開始してから1年、ツイッターで情報収集を行ってきました。
自身が下顎前突症でこの商品に強い不快感を持たれる方、この商品を使ったいじめ被害に合われた方、実際にそういった被害を訴える方がおられます。
この商品は多くの方々に不快な思いをさせています。いじめを助長する可能性があると言われていますが、事実としていじめ被害が発生しています。
SNSでそういった被害を訴える方はごく一部であり、世間には同じな思いをされている方が多くいる事は想像に難くありません。
病気による特徴を模している事は商品名から明白であり、その病気に悩んでいる方達が不快感を持たれるのは当然の事です。動物の人形だからといって、病気の特徴を面白おかしく扱う事が許される訳がありません。その病気の方達の人権を侵害しているといって過言ではないと思います。

◆最後に

私のツイッター、ブログをどうかお読みください。この商品の問題をより詳しくご理解いただけると思います。

ツイッター

ブログ

現行商品の販売中止、新規商品の開発中止を求めていきます。
賛同ご協力をお願いいたします。

[2020/10/10 追記]
このキャンペーンを開始してちょうど1年を機に、全体的に文面を改めました。
下顎前突症の説明に使わせていただいていた日本形成外科学会様のリンクが切れていたため、Wikipediaに変更しました。
[2019/10/12 追記]
この商品が発売された当初から、いじめを助長する・差別的という意見はよく聞きます。下顎前突症を揶揄されるいじめに悩む人の話もよく聞きます。
情報のシェア・拡散に、何卒ご協力をお願いいたします。