少年隊の音源(楽曲)・映像のデジタル配信を要望します

キャンペーン成功!

少年隊の音源(楽曲)・映像のデジタル配信を要望します

1,465人の賛同者により、成功へ導かれました!
発信者:少年隊 ファン有志 宛先:株式会社ジャニーズ事務所

English / 中文 / 中文简体

【注意:ご署名前に必ずお読みください】ご署名いただくと、本署名サイトChange.org様から寄付の呼びかけが表示されます。けれども、本活動を進めている少年隊ファン有志への寄付にはなりません。あくまでもオンライン署名サイトChange.org様への寄付であり、寄付は私たちとは一切の関係はありません。寄付についてのお問い合わせや解除は、Change.org様へご連絡をお願い申し上げます。(Change.org様へのお問い合わせ先はこちら)

 

少年隊は1985年に「仮面舞踏会」でレコードデビュー後、数々のヒット曲を生み出してきました。彼らのパフォーマンスは、ミュージカル「PLAYZONE」に代表されるように、歌と踊り、そしてお芝居が絡み合う至高のエンターテインメントです。

デビュー35周年となる2020年12月12日に「少年隊35th Anniversary BEST(CD) 」(限定盤・通常盤)及び「少年隊35th Anniversary PLAYZONE BOX 1986-2008(DVD) 」が発売されました。しかし、これらのCD・ DVDには収録されていない音源(楽曲)・映像がまだまだたくさんあります。その大部分は1980年代、1990年代初めにレコード・カセットテープ・VHSビデオなどのアナログ媒体で販売されたものです。音源(楽曲)はその後CD化されましたが、一部の映像作品は未だDVD化されていません。また、CD化・DVD化されたもののうち多くが、廃盤や限定盤の販売終了により現在では正規ルートでの購入が不可能です。   

これらの状況から、二つの問題が生じています。一つは、デビュー当時からのファンが、レコード・カセットテープ・VHSビデオなどが劣化により再生不能になったり、これらを再生する機器を故障により手放したりして、少年隊の素晴らしいパフォーマンスを楽しむことができなくなっていることです 。

二つ目は、新しいファン層が1980年代、1990年代に発売された音源(楽曲)・映像作品を入手できない問題です。先述のとおり、これらの多くがすでに廃盤となり、中古市場においても価格高騰や売り切れにより購入が極めて困難になっています。

以上の二つの問題を考慮すると、残念ながら現状では「ジャニー喜多川氏が歴代最強グループと認めた少年隊の音源・映像の有効利用が制限されている」といわざるを得ません。ファンは音源や映像を求めてさまよい、インターネット市場では正規価格よりはるかに高騰した中古品が出回ることもあります。この状況は即時解消されるべきだと認識いたします。そして、少年隊の音源(楽曲)・映像を国内外のファンが自由に購入し、スマートフォン・タブレット・PCなどで楽しめる環境にしてほしい、と願っています。

そこで、私たちは少年隊のパフォーマンスを多くの人が楽しめるように、以下2点を要望します。

  1. 過去に市販された少年隊の音源(楽曲)のデジタル配信をすること
  2. 過去に市販された少年隊のPVやコンサートなどの映像作品のデジタル配信をすること            

デビュー当時からのファンは、少年隊の主だった活動がなかった12年間を経て今もなお、少年隊を応援し続けています。また、2020年のコロナ禍で自粛生活が続く中、動画サイトやTVやラジオの特集番組で彼らのパフォーマンス見て少年隊の魅力を再発見したファンも少なくありません。そのため、高校生や20代、海外からのの若いファン層も含む幅広いファンがTwitterなどのSNSにおいて少年隊を語り合う状況が生まれています。TV、ラジオ、SNS等で少年隊のパフォーマンスを知り、楽しんだ後すぐにデジタル配信で何回も再生して、少年隊の魅力をより知りえる機会を私たちファンに下さい。

株式会社ジャニーズ事務所・株式会社ジェイ・ストームは「これまで3人が紡いできた少年隊の歴史が色あせることなく、輝いたものであるために、所属事務所として力を尽くしてまいります」と約束されました。少年隊の色あせることのない素晴らしいパフォーマンスを、世代や国境を越えた多くのファンが楽しめるよう、是非ともファンの希望を受け止めご尽力いただけますよう、お願い申し上げます。

【本署名活動の詳細は、下記の「少年隊署名活動」ブログをご参照ください】

https://shonentai.hatenablog.com/

 

キャンペーン成功!

1,465人の賛同者により、成功へ導かれました!

キャンペーンをシェア