大阪市のPCR検査数を増やしてください

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


大阪府のコロナ感染は、全国でもとりわけ深刻です。特に、大阪市は陽性者数・死者数で半数以上を占めています。大阪市民や大阪市で働く人の「発熱したがどうしたらいいのかわからない」という切実な声を受け止めてください。早急にPCR検査を増やし、感染者の保護・隔離をおこない感染拡大を食い止めてください。

大阪市には、通勤・通学などで、県をまたいで人が集まってきます。大阪市のコロナ感染を抑えることは、近畿圏の感染を抑えることにもつながります。

地域の実態に即した「大阪市型」の対策強化が緊急に必要です。住宅地や商業施設が集まる地域など、24区それぞれに地域に精通した対応をおこなうことと、身近に検査を受け入れる体制の確立とが求められています。医師が必要と判断したときや濃厚接触者になった場合など、検査が必要な人が速やかにPCR検査を受けることができるよう24区それぞれにPCR検査センター(仮称)の設置が求められます。また、医療機関、介護事業、保育園、幼稚園、学校などの職員や利用者へのPCR検査の実施はそれらの社会的インフラを継続的に維持するために重要です。保健所体制の強化も欠かせません。

すでに大阪市会に同じ項目で陳情を出し、現在は継続審議になっています。2月議会に向けて、紙での陳情署名を集めると同時にネット署名を広げ、世論を可視化することを目指しています。

【要請項目】

1.大阪市24区全てに、PCR検査センター(仮称)を設置すること。

2.医療機関、介護・福祉施設、保育園、幼稚園、学校などの職員・業者・利用者のPCR検査を定期的に行うこと。

3.保健所の体制を強化すること。



今日:敏彦名さんがあなたを必要としています

浜田 敏彦名さんは「松井一郎 大阪市長: 大阪市24区に検査センターを設置し、PCR検査を増やしてください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!敏彦名さんと1,474人の賛同者と一緒に賛同しましょう。