情報連携学部の時間割の不可解さについて

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


INIADの時間割について、必修科目の講義と選択科目の講義を同じ時間割に入れるのをやめていただきたい。

英語や情報連携学などの、この学部の根幹となる教科をクラス制にしているのはいいでしょう。その時間割が既定になっているのも理解できます。しかし、その時間にわざわざ選択科目の講義を入れているのは不可解であると言わざるをえない。そんなことをすれば、当然取りたい教科を取ることができずに不本意な教科を選ばされる羽目になる生徒が多発することを、INIADの運営側はわかりきっているはずです。

時間割を見た限り、時間がいっぱいいっぱいで仕方なくそこに入れたというわけでもなさそうだし、今からでも変更することは必ずしも不可能には思えない。

よってまずは、オンライン署名を行い、運営側に時間割の改善を求めていこうと思います。より良い学生生活のためにご協力よろしくお願いいたします。



今日:Handaさんがあなたを信じています

Hitotsu Handaさんは「東洋大学情報連携学部: 情報連携学部の時間割の不可解さについて」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Handaさんと28人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。