宛先: 東京地方裁判所 刑事第4部 裁判長 永渕健一様

東京電力福島原発刑事訴訟に「厳正な判決」を求めます!

0

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!

世界中を震撼させた福島原発事故。多くの住民が避難を強いられ、そのうちかなりの方は未だに元の土地に戻れずにいます。既にお亡くなりになってしまわれた方も少なくありません。
2017年6月30日、福島原発事故刑事裁判の初公判では、検察官役の指定弁護士から「東京電力は津波を予測し、対策も検討していたにもかかわらず、最終的に対策を先送りした」という証拠の数々が提出されました。
被告人らは「津波は予測できなかった」「たとえ津波を予測して対策をとっても、時間的に間に合わなかったので、責任はないのだ」と主張しています。それに対して、指定弁護士は「対策が完了して、安全が確保できるまでは原発を止めるべきだった」と指摘しました。
「安全が確保されていない原発を運転することは犯罪である」と断じています。

そこで私たちは東京電力福島原発刑事訴訟に「厳正な判決」を求める署名を集めます。ご協力、何卒よろしくお願いいたします。

***************

東京電力福島原発刑事訴訟 厳正な判決を求める署名

東京地方裁判所 刑事第4部
裁判長 永渕健一 様

 2011年3月世界最悪レベルの東電福島原発事故により、自然環境中に大量の放射能が拡散され、多くの人々のかけがえのない日常が奪われました。原発事故の収束は見通せず、人々の困難は深まっています。この裁判は、日本のみならず、世界中の人々が注目し、原発事故の真相究明と刑事責任が明らかにされることを切望しています。
 2017年6月30日の初公判では、被告人3人は、無罪を主張しましたが、検察官役の指定弁護士から、被告人の刑事責任を明らかにする数々の証拠が提出されました。私たちは、原発事故の真相が隠されていたことを改めて認識しました。この国が法治国家であるのか、あらゆる命を大切にする国であるのかが問われている非常に重要な裁判です。貴裁判所におかれましては、適正かつ、迅速な審理を行い、厳正な判決を出されることを強く要請します。

<呼びかけ・集約>
*福島原発刑事訴訟支援団 *福島原発告訴団
 https://shien-dan.org/
 〒963-4316 福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
 メール info@shien-dan.org 電話 080-5739-7279
☆裁判の判決日まで提出し続けます。
 福島原発告訴団サイト

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 東京地方裁判所 刑事第4部 裁判長 永渕健一様

    福島原発刑事訴訟支援団 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では2,040名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:やよいさんがあなたを信じています

    人見 やよいさんは「東京電力福島原発刑事訴訟に「厳正な判決」を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!やよいさんと2,039人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。