東京都立町田総合高校教師の暴力事件への寛大なる処遇

0 have signed. Let’s get to 100!


誰もが生徒のやり方を批判しており、生徒が先生に暴力をふるうよう仕向けたのは、明確である。この生徒や、生徒の親は逆に先生を許さないと言っており、道徳的に考えておかし過ぎる話である。

先生は、生徒の躾役ではなく躾役は親。その親は自分の愚かさを棚に上げ、逆に許さないと言っている。この生徒は、普段から、授業のボイコットや先生の挑発、校則違反などを繰り返していたという情報もあります。
暴行を加えた男性教師は生徒から尊敬され暴力を振るうよう先生ではなかった。また、日常的に体罰を行っていたという事実は確認されていません。

先生の行為だけを処分するのは不当であり、生徒もきちんと処分されるべき。

しかしながら、それは難しそうなので、先生の処分の寛大措置をここに求めます。