このキャンペーンは終了しました

小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線の国土交通省に対する事業認可申請は取り下げ、5月26日に行われた住民投票の投票内容が明らかになるまで、申請を行わないでください。

1,812人の賛同者が集まりました


 新聞等の報道が続いていますが、5月26日(日)に小平市で、「東京都の小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線計画について住民の意思を問う住民投票」が行われました。

 この住民投票は、東京都が今夏までに事業認可を得ようとしている都市計画道路小平3・2・8号府中所沢線について、 
①「住民参加により計画を見直す」べきか、
②「計画の見直しは必要ない」か 
どちらかを選んで、○を付けて投票するというものでした。

 この住民投票を実施するための条例案が3月小平市議会で可決された後、4月の市長選挙を経て、4月24日に開かれた臨時市議会にて、市長がこの住民投票条例に、投票率50%の成立要件を付した改正案を提出し、市議会で可決されました。

 5月26日に実施された住民投票では、投票率50%には至りませんでしたが、市内有権者の35.17%が投票し、都市計画道路小平3・2・8号府中所沢線に対する小平市民としての意思を示しました。市内有権者の3人に1人以上にあたる51,010人がこの住民投票に参加した意義は、大きいと考えます。

 小平市は、投票率50%に達しなかったことで、この住民投票に示された小平市民の意思を明らかにしないまま、90日後に廃棄する方針です。

 道路計画について住民の意思を問うことを求めたものとして、私たちは51,010人の小平市民の意思を明らかにせぬまま廃棄することには納得できず、5月27日に小平市に対して、住民投票の投票結果の内容を明らかにするよう求める情報公開請求を行いました。

 都知事におかれましては、住民投票に参加した小平市民の意思を尊重し、小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線計画の国土交通省に対する事業認可申請は取り下げ、都市計画道路3・2・8号府中所沢線についての、小平市有権者の3人に1人以上、51,010人の意思が明らかにされるまで、計画通りに事業を遂行することは控えていただくよう、強く要望します。小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線の国土交通省に対する事業認可申請は取り下げ、5月26日に行われた住民投票の投票内容が明らかになるまで、申請を行わないでください。

 公共事業のあり方に、住民参加のしくみを入れていくことができたらと願っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

【開票を求める市長宛要望書にもぜひご署名をお願いします!】

小平市長宛の署名キャンペーンもご用意しております。こちらにもぜひ署名をお願いいたします。

 

※目標の署名数と書かれている数字は、会として設定している訳ではなく、この署名サイトで自動的に設定されるものです。その数を超えると、次の目標が設定されるようになっています。



今日:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 さんがあなたを必要としています

小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 さんは「東京都知事 猪瀬直樹様: 小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線の国土交通省に対する事業認可申請は取り下げ、5月26日に行われた住民投票の投票内容が明らかになるまで、申請を行わないでください。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 さんと1,811人の賛同者と一緒に賛同しましょう。