小山台高校定時制と立川高校定時制の閉課程を中止し、両校の存続を求める請願署名

0 人が賛同しました。もう少しで 7,500 人に到達します!


2016年2月12日の東京都教育委員会において、小山台高校、立川高校、雪谷高校、江北高校の夜間定時制の閉課程が「決定」されました。しかし、小山台と立川両校の募集停止時期は未定のまま、2020年度も2021年度も生徒募集が行われています。

小山台高校定時制は歴史も古く、長年地域に親しまれ、大切な学舎となってきました。また、近年、人権尊重教育推進校として外国籍生徒や帰国生徒などを積極的に受け入れ、多文化共生教育を積み重ねてきました。その手厚い教育体制は東京都のモデルにもなっています。

立川高校定時制は多摩地域の中心にあり、交通の便も良く、現在300人近い生徒が在籍。全日制と共に「多摩に立高あり」といわれ、今年で創立82年を迎え6000名を超える卒業生を輩出してきました。

多様な学びの場を保証することが、夜間中学の拡充も行われているなかで、セーフティーネットの役割を果たしている夜間定時制をなくすのは、時代の流れに逆行します。私たちは小山台高校定時制と立川高校定時制の存続を求めています。引き続き、みなさまの温かいご支援・ご協力をお願いします。

三多摩子育て・教育問題連絡会
小山台高校定時制の廃校に反対する会
立川高校定時制芙蓉会(同窓会)
立川高校定時制の廃校に反対する会



今日:一太さんがあなたを必要としています

鏡 一太さんは「東京都教育委員会: 小山台高校定時制と立川高校定時制の閉課程を中止し、両校の存続を求める請願署名」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!一太さんと5,673人の賛同者と一緒に賛同しましょう。