東京都での特別支援学校・特別支援学級での性教育の再開を求めます

Reasons for signing

See why other supporters are signing, why this petition is important to them, and share your reason for signing (this will mean a lot to the starter of the petition).

Thanks for adding your voice.

山川 鮎子
4 years ago
支援が必要であろうとなかろうと、
性教育は必要である。
なにか起きた時に無知の罪をなすりつけるつもりだろうか。都が責任を取るとは思えない。
自分でエロサイト見て学べというのか?
言いにくいことこそ、教育で教えるべきである。

Thanks for adding your voice.

岡部 悠香
4 years ago
支援学級に息子が在籍しています。
大人になる過程で、性教育を学校で受ける権利は、障害のあるなしに関わらず、必須項目だと思っています。是非とも、近々に再会して欲しいです。

Thanks for adding your voice.

八木田 瑞穂
4 years ago
性の被害者・加害者にもさせたくないのが親としての気持ちです。

Thanks for adding your voice.

辻本 彩花
4 years ago
特別支援学校勤務の養護教諭です。
子どもたちの日々の行動や言動を見て、性教育の大切さをひしひしと感じます。
男の子と女の子がなぜ一緒に着替えたり手をつないだり抱き合ったりということはやめようねと言われているのか、また徐々に現れる自身の体の変化についても障がいがある子どもたちは何も知る権利がないというのでしょうか?
自分のからだについて知ること、異性について知ることはとても大切なことだと思います。
一人ひとり発達の段階は違っても、思春期に身体の変化が訪れるタイミングは健常児と何ら変わりがないと言われています。
高校生の大人の女性と何ら変わりのない身体の女の子が下着もつけずに白のTシャツ1枚で電車に乗っていたり、道端でズボンに手を入れ明らかに性器をいじっている男の子、突然服を脱ごうとしたりする子などがいたらぎょっとしませんか?
また、それがどういう行為なのかも知らず、理解しないままに性行為に及んでしまう、また被害者や加害者になってしまう子どももいます。
障がいがある、というだけで自分のこころとからだにに訪れる変化や成長について知る機会を奪ってしまってよいのでしょうか。
特別支援学校に限らず、教員は子どもたちの今だけでなく未来まで見据えて日々子どもたちと関わっています。
東京都は2020年東京オリンピックに向けてオリパラ教育?を推進していると聞いています。障がいというのは本人の困り感や生きづらさにあるものというより、社会がもたらす社会にあふれるものだと思います。
子どもたちが生きていくために必要なこころとからだについて知る機会を奪うことは許せません。

Thanks for adding your voice.

照井 千秋
4 years ago
グレーな発達障害の息子を持つ母です。うちは母子で、なかなか男の子と話せないので、しっかりと話してくださる方が居るとありがたいです。

Thanks for adding your voice.

細山 和代
4 years ago
障害の有無を関係なく、全ての子供すなわち未来の大人達に、正しい性教育と自分の大切さを学ぶ機会を与えて下さい。

Thanks for adding your voice.

曽我 陽子
4 years ago
支援級、支援学校に正しい性教育をお願いします!
性犯罪などを未然に防ぐ為の大事な事です。

Thanks for adding your voice.

佐藤 智子
4 years ago
たまに知り合いで被害に合った方の話を聞いて、本人も知識が無いために取り返しのつかない事に……等を聞くので。

Thanks for adding your voice.

O SAYAKA
4 years ago
賛同します。むしろ、何故特別支援学校だけ性教育がなされていないのかがとても疑問です。性被害に合わない、合わせない為にも教育の機会を!

Thanks for adding your voice.

成田 莉緒
4 years ago
加害者にならないためにも、被害者にならないためにも教えることは必要です。また、性について正しく知ることで自分の身を守ることも出来ます。突然来た生理や性被害に遭ってしまった時に、困っていることを認識して周囲にヘルプを出すことも出来ます。支援が必要な子にこそ、正しい知識を。