キャンペーン成功!

杏林大学 春学期の学費納入、設備費等について

494人の賛同者により、成功へ導かれました!


私は杏林大学総合政策学部一年です。

この活動は大学に減額を申請するために立ち上げました。また、1人でも退学をせざるを得ない学生を減らしたいと考えています。

目的は、「今年度の学費の減額と一部設備費の減額または詳細な施設設備資金の使途開示」にあります。

要求が大学に受け入れられない場合は、学費、設備費等の必要性を具体的な数値を示した上で学徒に示して頂きたいと考えています。

なぜ学校の図書館や施設を使えないのに施設設備費を払わなくてはならないのかと思います。授業につきましても、普段の授業と同等とは言えない質や、zoomを使う場合、有料会員であるプロアカウントは月額1600~1700円で使うことができます。それにもかかわらず昨年と同額の授業料には疑問を感じました。また授業もzoomなどのアプリケーションを使うため、ネット環境やパソコンを用意するなどの負担などがあり、学生の負担が大きいのは変わりません。さらに外出自粛、緊急事態宣言によりアルバイトなどをすることが難しく、学費や生活費などをまかなえないことも事実であり、経済的に苦しい学生が非常に多いと思います。

詳細な説明を学外からも見られるように公式サイトに載せるか返還をしていただけるようお願いしたいと思います。

このような状況の中、早くも対策をし、勤める学校関係者の方などには大変感謝をしております。

この学校全体の努力を無駄にしないためにも、学費の一部免除を実現させて、経済的に困窮している学生のためにも杏林大学学生一同で学費一部を取り戻すまたは施設設備資金の使途開示を求めるために働きかけましょう。

みなさん一人一人の力が大きな力になると思います。賛同して頂けると幸いです。

この活動はさまざまな関東圏の大学で行われている活動を参考にさせていただきました。



今日:miuさんがあなたを必要としています

yamada miuさんは「杏林大学: 杏林大学 春学期の学費納入、設備費等について」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!miuさんと493人の賛同者と一緒に賛同しましょう。