このキャンペーンは終了しました
宛先: 朝日新聞

慰安婦見舞金は朝日新聞が払え

8,993
人の賛同者
日本と韓国がいわゆる慰安婦問題の解決に向けて交渉に入りました。 慰安婦問題は日韓基本条約締結により解決済というのが日本政府の立場であり、これが政治問題になる事も長らくありませんでした。 ところが1980年代に朝日新聞紙上で行われた「慰安婦狩り」という捏造記事により、この問題が日韓の政治問題化し、元慰安婦の方々の忌わしい記憶を呼び起こしてしまいました。韓国文化では親族の為に売春婦になった人でも一生社会から軽蔑され続けます。それゆえ彼女達は朝日新聞の嘘に乗るしかなかった。 この問題を解決する唯一の方法は、朝日新聞が改めて世界に「慰安婦狩り」という捏造記事記事への謝罪をし、日本政府や日本国民に一点の間違いもないと表明し、元慰安婦の古傷をえぐった償いとして基金を設立する事だと思います。
署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 朝日新聞

    森口 朗 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では8,993名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:綱彦さんがあなたを信じています

    砂山 綱彦さんは「朝日新聞: 慰安婦見舞金は朝日新聞が払え」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!綱彦さんと8,992人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。