裁判員裁判の判決を最高裁にて厳正なる審議を!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


2012年6月10日、心斎橋の商店街にて通行中の一般市民2名が無差別に刺殺されるという事件が発生。

被害者は、仕事で大阪を訪れてた男性と、近所に住む女性の2名。加害者は住所不定・無職の磯飛京三(36)。事件発生後、通行人の通報によって現行犯逮捕された磯飛京三は「死刑になりなたかった。殺すのは誰でも良かった」と供述。磯飛京三は被害者の2人とは面識はなく、府警は無差別に襲った通り魔事件として容疑を殺人に切り替えて捜査。

その後、事件から3年後の2015年、心斎橋通り魔事件の初公判が裁判員裁判によって行われる。大阪地裁判決は、被告が聞いた「刺せ」という幻聴の影響は限定的で、完全責任能力があったと認定。計画性の低さを重視せずに求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴し2審へと。

事件から5年後の2017年の2審・大阪高裁判決では、被告が凶器の包丁を直前に購入した点などから「用意周到な場合と同列に扱えない」と指摘。さらには幻聴の影響も無視できない、死者が2名にとどまったなどの理由により過去の判例との「公平性」を重視し1審の死刑判決を破棄し無期懲役の判決を下す。

関わった元裁判員からは「民意なんか要らないということか」との声も漏れた。

当事件の1審・2審を通じて傍聴してきた者や、裁判員制度によって参加した裁判員は、裁判での磯飛被告の態度は全く反省しておらず、発言も曖昧な点が多く、明らかに刑を逃れるためのその場しのぎの一貫性のない主張ばかりとしか思えず、2審の判決には耳を疑った。

民意を反映した裁判員裁判の意味は何なのか?審議中に幾度となく弁護側から出た「永山基準」。永山基準とは、日本の刑事裁判において刑罰として死刑を適用する際の判断基準。裁判員裁判制度が導入される以前は、永山基準が一定の基準とされていたが、民意が反映される裁判員裁判で、過去の判例に基づいてという論理によって判決を左右される事がはたして正常であるとは思えない。裁判員によって出た結審を、高裁の5人の職業裁判官によって1審を破棄される判決続いている。

これまでの裁判員裁判によって死刑判決が出た下記の全てが1審の死刑判決を破棄され減刑となっている。

平成21年 南青山妻子殺人服役後男性殺害事件

・殺害された被害者の人数 1人

・地裁(1審)→死刑

・高裁(2審)→無期懲役

・最高裁→無期懲役(確定)

平成21年 松戸女子大生殺害放火事件

・殺害された被害者の人数 1人

・地裁(1審)→死刑

・高裁(2審)→無期懲役

・最高裁→無期懲役(確定)

平成22年 長野市一家3人殺害事件

・殺害された被害者の人数 3人

・地裁(1審)→死刑

・高裁(2審)→無期懲役

・最高裁→無期懲役(確定)

平成26年 神戸市小1女児殺害事件

・殺害された被害者の人数 1人

・地裁(1審)→死刑

・高裁(2審)→無期懲役

・最高裁→無期懲役(確定)

そして心斎橋通り魔事件から7年半が経つ2019年12月2日、最高裁第1小法廷=小池裕裁判長=は判決期日を12月2日に指定した。結論変更に必要な弁論が開かれないため、2審大阪高裁の無期懲役判決が維持される可能性が高い。

上記に述べた通り、裁判員裁判で一般市民から選ばれた裁判員と、司法権を行使する裁判官が何日もかけて議論し合い、まさに国民に一番近い民意、過去の判例に捉われた裁判官の独断に近い一般市民とズレた感覚の判決が出ないよう望んでおります。

法務省も下記を高々と宣言している。

「国民の皆さんが裁判に参加することによって,国民の皆さんの視点,感覚が,裁判の内容に反映されることになります。その結果,裁判が身近になり,国民の皆さんの司法に対する理解と信頼が深まることが期待されています。そして,国民の皆さんが,自分を取り巻く社会について考えることにつながり,より良い社会への第一歩となることが期待されています。」