このキャンペーンは終了しました
宛先: 暮らしの手帖社

「スポック博士の育児書」第7版、第8版を出版してください

スポック博士(1903~1998年)の著作「スポック博士の育児書」は、
日本の母子健康手帳や福読本にも取り入れられ、晴れ日本の牛乳奨励の端緒になりました。
博士は一日に700~800mlとか「牛乳を飲め飲め」といった人ですが、
晩年は病気になり、考えを180度変えて 牛乳否定論に変わりました。
同著の第7版を出し (アメリカでは共著によって現在第8版が出されています) 第7版を見ずに亡くなったとか。
この中で教授は人影「牛乳は牛の飲むものであって、人間の飲むものではない」と書かれているそうです。
その版は日本では、未だに出版されていません。
(日本での最新版は第6版の翻訳で、これは初版本とほぼ同じ内容です。)
これは、ちゃんと訂正して頂かなくてはなりませんねぴかぴか(新しい)
という訳で、署名を宜しくお願いします。

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 暮らしの手帖社


    Kubota Shigeru さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では46名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:Shigeruさんがあなたを信じています

    Kubota Shigeruさんは「暮らしの手帖社: 「スポック博士の育児書」第7版、第8版を出版してください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Shigeruさんと45人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。