春日部を子育て世代もシニア世代も住みやすい安心安全な街に❢

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


私の育った、大好きな街、春日部。たまに里帰りをすると、急速に高齢化が進んでいることを実感します。高齢者比率は現在28%を越え(国の平均より上)、2045年には、10人に4人が高齢者になる見込みとか。

にも関わらず、コミュニティバスの充実、高齢者向けタクシーサービスないしはタクシー割引サービス、地元スーパーでの宅配無料サービス等、全く整備されておらず、このままでは、年老いた親が生活の為に運転を辞められず、昨今のニュースでよく目にする悲惨な事故を起こしてしまうのでは。。。と、心配する同世代は多いと思います。

そこで、是非とも以下を、春日部市役所関係者、そして春日部市長へ、提案したいと考えています。

① (最低限のこととして)市内民間企業への積極的な働きかけ

a) 運転免許返上者に対するタクシー割引サービスへの地元タクシー会社(飛鳥交通、東界タクシー等)の協力取り付け

b) 各地域最低1ヶ所の食品、日用品スーパーの宅配無料(又は割引)等の協力取り付け

② 地域や年齢によって様々な要望があると推測しますので、市役所の担当部署(おそらく高齢者支援課)による徹底的なリサーチと、誰でも気軽に参加出来る、定期的な意見交換の場の提供

私の個人的な提案としては、例えば以下。

- 高齢者による地域へのボランティア活動等(子育て世代への手助けとなるようなもの)をポイント制にし、そのポイントを様々な生活便利サービスに還元

- 諸外国では一般的に導入され市民の足となっているUBER、Grabのアイディアを高齢者や子育て世代が使い易いように改良し、全国に先駆けて導入

なかなか表立って親孝行は出来ないけど自分に出来る限りのことはしたい!という同世代は沢山いると思います。私同様、自分自身は春日部在住ではないけど、春日部在住の両親の為に、という皆さんも是非様々なアイディアを出し合って、春日部をあらゆる世代により住み易い街に変えませんか?

ご協力宜しくお願いします!