日産のZESP2中止に待ったを!料金プラン再考をお願いしたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


ご覧頂きありがとうございます。
電気自動車の時代がいよいよ到来しています。日本では、世界初の量産型電気自動車である三菱i-MiEVを皮切りに、日産自動車もリーフを発売し、世界各国のユーザーに届けられています。

日産は、#旅ホーダイ というのを謳い、月額2,000円で対象の充電設備が定額で使えるというサービスを開始しました。これにより、日産のユーザーは、マンション・アパートにお住まいで自宅に充電設備を設置できない人も安心して買えるようになりました。

しかし、日産は2019年12月より、そのプランを廃止し、高額な従量課金プランへの移行を開始するということです。もちろん、これまでの充電料金は安すぎたというのは事実だと思いますが、急激な急騰はユーザーとして納得の行くものではありません。ランニングコストの良さに惹きつけられた人にとっては詐欺とも思える今回の変更に待ったをかけたいと考えています。

日本の電気自動車のスタンダードであり、リーダー的存在である日産自動車には、今後とも電気自動車メーカーとしてのパイオニアになっていただきたく、ここに署名活動を開始させていただきました。ご賛同いただける方はぜひ署名をお願い致します。