日清食品さん、2030年まで、問題あるパーム油を使い続けないで!〜地球と未来のために、今すぐ「チャレンジ」を〜

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


東京五輪スポンサーで、「カップヌードル」でもお馴染みの日清食品。

同社製品の揚げ油には、インドネシアで違法に生産されたパーム油や森林破壊と関係のある企業のパーム油が使われていたことが確認されています。熱帯林が破壊されてしまう場所には、野生のスマトラオランウータン、ゾウ、サイ、トラの最後の生息地も含まれています。また購入先には、地域住民の土地を奪って農園開発をしている企業や、違法な火入れを行って森林火災を起こしている企業、強制労働を行っている問題企業も含まれている可能性があります。

日清食品は2020年6月に「Earth Food Challenge 2030」という環境戦略を発表。「2030年度までに持続可能なパーム油のみを調達する」と約束しました。しかし裏を返せば、今後10年にわたって森林破壊や人権侵害など問題のあるパーム油を使い続けることができるという、非常に低い目標です。国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)でも「2020年までに森林減少阻止」を求めています。「2030年までに持続可能なパーム油 100%」という目標では不十分なのです。

地球も私たちも、2030年まで待てません。
日清食品は「世界中の人々の食を支えるグローバルカンパニー」と自負し、東京五輪のスポンサー企業でもあります。
日清食品のラーメンに、一日も早く、森林破壊と人権侵害のないパーム油のみが使われるよう、あなたの力が必要です。

日清食品が目標年を前倒しするために、
今すぐ賛同をお願いします。

**********

日清食品ホールディングス 取締役社長 CEO 安藤 宏基 様
アメリカ日清 社長 マイケル・プライス様

2020年8月、日清食品は世論の高まりを受けて、新たに「持続可能なパーム油の調達へのコミットメント」を発表し、森林破壊を起こさず、人権を尊重して生産されたパーム油の調達を約束しました。また、6月に発表した新環境戦略では「2030年度までに持続可能なパーム油のみを調達する」と目標を掲げていますが、2030年では遅すぎ、今後10年にわたって問題のあるパーム油がインスタント麺の製造に使われることは受け入れられません。

日清食品さん、2030年に「持続可能なパーム油100%」達成では遅すぎます。
今すぐ、以下の3点を実施してください!

  1. 「持続可能なパーム油100%」達成を2030年から大幅に前倒しし、自社サプライチェーン(供給網)から問題あるパーム油を確実に排除するために、拘束力があり、達成期限を定めた実施計画を直ちに策定し、発表してください。
  2. パーム油供給業者の全リストを公開して、「持続可能なパーム油の調達へのコミットメント」を実施し、進捗を公表してください。
  3. パーム油供給企業が方針を遵守しているかモニタリングし、独立検証できる新たな仕組みを構築して、上記コミットメントを実施し、進捗を公表してください。

日清食品が採用している「持続可能なパーム油のための円卓会議」(RSPO)の「マスバランス」方式のパーム油は、認証農園で生産されたパーム油と、生産地の追跡ができない問題あるパーム油が混合されたものです。森林破壊や人権侵害との関与に対処できておらず、RSPO認証による保証の仕組はまだ信頼できません。

日清食品は、世界的に有名なブランド企業であり、インスタント麺の発明企業です。今こそ、森林と人権を守る「真の推進企業」へのチャレンジの時です。

*******

日清食品さん、
「持続可能なパーム油100%」目標年の前倒しをお願いします。

発信者
レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)
米国のサンフランシスコに本部を持つ環境NGO。1985年の設立以来、環境・森林保護で最前線に立つ人々とのパートナーシップと戦略的キャンペーンを通じて、環境保護と先住民族や地域住民の権利擁護活動をさまざまな角度から行っています。日本にも支部を置いています。