キャンペーン成功!

丸山穂高衆議院議員の議員辞職勧告の取り下げ、国会議員の活動継続を求める署名

21人の賛同者により、成功へ導かれました!


皆さんご周知かと思いますが、「北方領土は戦争で取り返すしかない。」と発言し、物議を醸している衆議院議員丸山穂高さんに対する議員辞職勧告を国会に提出する旨を日本維新の会筆頭に野党で決定されたようです。

確かに丸山議員の発言は、実現性もなく、国会議員としては、今後の日露関係に水を差しかねない問題のある発言です。ですが、国会議員が発言をしただけで議員辞職勧告を提出するのはいかがなものでしょうか。今回の件で前例が作られた場合、与野党合わせどれだけの辞めることになるのでしょうか。

それに、今回の件で議員辞職勧告が認められた場合、表現の自由に対する挑戦であり、それを保障すべき国会がこれを認めた場合、最早日本は民主主義国家と言えるのでしょうか。

そして、丸山議員は他の国会議員とは一味違い、国益の為、国民の為にこれまで精力的に活動されてきました。

このような滅茶苦茶な動議には断固としては反対し、丸山議員を助けましょう!



今日:考える国民の会さんがあなたを信じています

日本の政治等について 考える国民の会さんは「日本維新の会 松井一郎代表: 丸山穂高衆議院議員の議員辞職勧告の取り下げ、議員活動継続を求める署名」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!考える国民の会さんと20人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。