女性蔑視発言をした森喜朗氏の辞任と、男性社会の見直しを求めます

女性蔑視発言をした森喜朗氏の辞任と、男性社会の見直しを求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 5,000 人に到達します!
5,000 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!
発信者:クボ ユウスケ 宛先:日本政府(菅義偉首相、橋本聖子大臣) 

先日、臨時評議員会にて東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視ととれる発言をしました。


発言内容は、

「女性理事を選ぶっていうのは文科省がうるさく言うんです。だけど、女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。」

「女性っていうのは競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。それで、みんな発言される。」

「私どもの組織委員会にも女性は7人くらいおられる。みんなわきまえておられて、みんな競技団体のご出身で、国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりですから、お話も的を射たご発信をされて非常にわれわれも役立っている。」

などという、根拠のない女性への偏見や、女性が会議の場で思ったことを発言することを自制させてしまうようなものでした。

※発言全文


こうした発言を受け、世界や社会から声が上がりましたが、森氏は委員長を辞任はしないということでした。


この日の森氏の発言を笑って受け入れた会合参加者は、ほぼ男性だったといいます。権威のある者に従い、社会的マイノリティーである女性を蔑む男社会の弊害が端的に現れた問題でもありました。

こちらに関しては、評議員会の方々も同じ考えだったということでしょうか?

それとも、話を合わせ笑わなければいけない空気が会の中にあったのでしょうか?


いずれにせよ、同質性が暴走している場で、様々な国や人種の方々の参加が必要不可欠な大会のことを決めることは難しいと思います。

むしろ社会には、どんな人、属性への差別や偏見も許さないという気持ちで活動をしている人もたくさんいるのに、そのような人たちの努力を踏み躙り気持ちを削ぐものになったと思います。


私たちは男性ですが、女性への偏見がいまだに数え切れないほどある現状や、さらに国の代表的な立場の人間が繰り返すことによって日本という国がそのような考えをもった国だと世界に発信されることに疑問や憤りを感じます。


今回のことを通し社会を見渡すと、日本社会には男女の不均衡どころではない構図の意思決定方法をもつ場所ばかりだと気づきます。

そういった場所に慣れすぎてしまうと、発言をする人も聞く人も世界の流れと乖離した状態に違和感を感じにくくなっているのだと思います。


森氏の発言自体も問題ですが、その周りの人間は彼にきちんとジェンダー・女性差別に関する勉強を促すことはできなかったのでしょうか?

自浄作用が効かないホモソーシャルを、いつまで温存させておくのでしょうか。このままでは、日本はいつまで経っても女性差別大国のままです。

ここできちんと彼を辞任させ、組織のあり方を変えていくことが本当の日本のためになることだと思います。

(ホモソーシャル とは、恋愛または性的な意味を持たない、同性間の結びつきや関係性を意味する社会学の用語。Wikipediaより。)

女性をばかにすることで男たちどうしが優越感をもって連帯意識を持ったり、内心は嫌だと思っていてもへらへら笑ったり、そうやって自分も共犯になるのは嫌だと思っています。


こういった発言により、公の場から女性が排除されてきたこと、これからの女性の発言の場を奪うことに繋がってしまうことを今一度考え直してもらうため、森氏には責任を取り辞任していただくことを求めます。


男社会に都合のいいように作り上げてきた女性への偏見をこれ以上助長させず、どんな性別の人も同じように社会で活躍するチャンスが与えられる世の中になるために、以下を日本政府(菅義偉首相、橋本聖子大臣) 東京都(小池百合子知事) 日本オリンピック委員会(山下泰裕会長) 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(森喜朗会長)に要望致します。そして今回の件に関しての見解を東京オリンピックの全てのスポンサーに求めます。賛同される方は署名をお願いいたします。

 

※「男性から声をあげよう」との呼びかけですが男尊女卑社会を終わりにしたい全ての方々に署名・拡散にてお力添えをいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。


要望

1 森喜朗氏の東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長辞任を求めます。

2 男性社会のあり方の見直しを求めます。

・これまでどうだったのか、そしてこれからどのように見直すのか、具体的な表明をお願い致します。

 

※本文・要望詳細は随時追記してきます。

■男性社会の見直しと森喜朗氏の辞任を求める有志※順不同

・久保佑介
・東出亘
・山本博幸
・宮崎竜一
・稗田隼人(作曲家)

■賛同人 ※順不同

・石川優実(#KuToo発案者/アクティビスト)
・津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
・勝部元気(評論家・社会事業家)
・斉藤章佳(精神保健福祉士・社会福祉士)
・井田奈穂(選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長)
・吉田能(音楽家/俳優)

※賛同人の方も随時お知らせしていきます。

0 人が賛同しました。もう少しで 5,000 人に到達します!
5,000 の賛同で,このキャンペーンが メディアに取り上げられる可能性が高まります!