このキャンペーンは終了しました

童謡先駆者たちの愛と情熱の物語を朝ドラに!

49人の賛同者が集まりました


 

この先100年歌い継ぐ童謡文化へ
2018年の童謡100周年を記念し、「童謡先駆者たちの愛と情熱の物語」をNHK連続テレビ小説に要望します!

童謡100年プロジェクト

「赤とんぼ」「夕焼小焼」「赤い靴」「シャボン玉」「七つの子」…
 日本の四季や風習を描き、そして子どもたちの心(童心)を表現した“童謡”。
大正時代に産声をあげた童謡文化は、2018年に100周年を迎えます。

 わらべうた、唱歌の流れで、大正7(1918)年に創刊された児童雑誌『赤い鳥』を出発点として、当時、一流の創作者たちが子どもたちへの愛情を注いで多数の童謡を生み出し、世界でも類まれな童謡文化が確立されました。
 
 しかし、時代の流れとともに、童謡に親しむ機会は少なくなり、童謡文化を正しく次世代に継承していくのも難しくなっています。
 大正・昭和の名作童謡に触れた世代が高齢化しており、世代を超えて童謡を楽しむためには、もう一度“童謡”にスポットライトを当てる起爆剤が必要です。

 私たち童謡100年プロジェクトは、童謡文化の黎明期に活躍した先駆者たちにスポットを当てて、彼らがいかにして数々の名作童謡を生み出したのか、その愛と情熱の物語をNHK連続テレビ小説(朝ドラ)で描いてほしいと思っています。

 このドラマ化が実現すれば、毎朝、童謡を身近に感じられるでしょう。懐かしく思い口ずさんだり、新鮮さを感じるなど、世代によって捉え方はまちまちですが、100年続いてきた「子どもたちのための歌=童謡」の素晴らしさを実感できるはずです。

 さらに、童謡の作詞家、作曲家ゆかりの場所、その曲の舞台となった土地を活用した地域活性化にもつながります。全国各地が童謡の舞台なのです。

 童謡の再評価が本格化し、映像作品やイベントも増えるはずです。

 この先100年歌い継いでいける、21世紀型の童謡文化を築くために、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


(童謡黎明期のストーリー、登場人物 例)

 1918(大正7)年7月1日、鈴木三重吉により、児童雑誌『赤い鳥』が創刊。翌年には、斎藤佐次郎により『金の船』など、多くの児童雑誌が発刊される(最盛期には数十種に及んだ)。中でも『赤い鳥』の北原白秋・西條八十・山田耕筰、『金の船』(後に『金の星』と改題)の野口雨情・本居長世らが多くの童謡を手がけ、童謡の黄金時代を築く(北原白秋・野口雨情・西條八十は童謡三大詩人と呼ばれた)。

 1920(大正9)年、8歳の本居みどりは、父である本居長世作曲の「十五夜お月」(後に「十五夜お月さん」と改題)を歌って喝采を浴び、一夜にして“わが国の童謡歌手第1号”と呼ばれるようになる(童謡のレコード吹き込みも第1号)。

 本居みどり・貴美子・若葉の三姉妹は、父・長世と日本各地で公演を行い、喝采を浴びる。

 1923(大正12)年、関東大震災により甚大な被害が発生すると、日系米国人を中心に米国から多くの援助物資が贈られてきた。その返礼として演奏旅行が企画され、長世と、みどり・貴美子姉妹らは、アメリカ各地(ハワイ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ハリウッドなど)で公演を行う。
 
 三姉妹は童謡関係者だけでなく、当時の文化人や政財界の人々と交流するが、みどりと貴美子は早世。若葉が父や姉たちの功績を世に伝えていく……

※童謡100年プロジェクトでは、「童謡」とは、子どもたちのために創られ、子どもたちがうたう歌の総称としています。



今日:Ryotaroさんがあなたを信じています

Hoshi Ryotaroさんは「日本放送協会: 童謡先駆者たちの愛と情熱の物語を朝ドラに!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Ryotaroさんと48人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。