私たちに表現の場を!(総合実習日程変更願い)

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


今年度の演劇学科総合実習の日程が11/1.2.3と、日芸祭の日に丸かぶりになりました。

総合実習の日程が日芸祭期間になりますと2つの弊害が生まれます。

まず1つ目は演劇学科の生徒は総合実習が被ることにより、日芸祭の参加がほぼ不可能になります。

日芸祭を楽しむというのは日芸生でいる限り保証されなければならないと思います。一年に一回の日芸生のお祭りをコロナウイルスにより授業日程がずれ、参加できないというのはとっても勿体無いことです。

学校の先生からすると毎年ある芸祭かもしれませんが、自分たちの芸祭は一回しかありません。

2つ目は総合実習は演劇中ホールで行うので例年演劇中ホールで行なっていた団体はほかのホールで行う。又は公演を行うことが出来ません。

れいねん多くの団体が中ホールを使い様々な演目を行なっていただいています。それを楽しみに来るお客様、芸祭で演目をやるのを1つの目標としている団体、様々な人が演劇学科のこの決定で困ることになります。

ですので総合実習の日程を演劇学科の先生達の力でもう一度日芸祭の日程に被せなければいけないのか他に総合実習をできる日がないのか検討してもらい、日芸祭の日程とずらして総合実習と日芸祭の両方に参加できるように変えてもらいましょう!