【 全ての犬猫に 命の権利を!! 】

【 全ての犬猫に 命の権利を!! 】

0 人が賛同しました。もう少しで 50,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が50,000に届きます!
発信者:ガンマン 平山 宛先:環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 (動物愛護管理室様)

【 日本における 生体販売を 断固反対 します!環境省は虐待飼養と言える パピーミル産業の実態をしっかり把握し、動物である彼らの命の権利を 尊重して 下さい!!】


『 可愛いい! 欲しい!飼いたい~!』

煌びやかな ウインドウの中で、所狭しと動いている 仔犬は 誰が見ても可愛いものです。
コロナ渦のお陰で、第二ペットブームと
なった 現在、家の中での退屈しのぎにと 安易に購入して
飼う飼い主が 後を絶ちません。
安易な需要と 安易な供給が 産む負のサイクル。
この度、松本市の繁殖業者が 動物愛護法違反で摘発されました。
ペットショップで、犬を購入する方々に 申したいのです。
『 あなたは、結婚とかで家族を迎える時、相手の親とか気になりませんか?』
嗚咽が出るような汚いケージの中に閉じ込められ
そんなケージを五段に重ねられ、その狭いケージで生涯を送り
生きるだけの餌だけを与えられ、数か月に一度 そこから出させられる時は、交配と出産のときだけです。
しかも、無資格の人間が麻酔なしでお腹を切り開き
小さな仔犬が出る頃は、母犬は気絶している・・。
これがこの世の地獄でなくて、何が地獄でしょうか?
この施設では実に1000匹という犠牲繁殖犬たちが表に現れましたが、摘発されるやいなや 過半数の〔使える犬〕たちは
同じ繋がりのある業者に移動されて、解決どころか ただ
闇から闇に さらわれた状況となって います。
今回の事案は、日本における生体販売業者の大部分の実態であり、氷山の一角です。
強欲な人間に 苦しめられ、使うだけ使われ
ご用済みに なったら、どのような処遇をされるかまで
お話ししたいところですが、今回は差し控えたいと思います。
何百万匹という 繁殖犬たちが、今も日本のあちらこちらで
耐えがたきを耐え、苦しみ そして泣いているんです。
闇の中から助けを求める 彼らの悲鳴が せっかく聞こえて
いながら、このまま風化させて いいのでしょうか?
本来、人間は
弱い者や小さい者を可愛いと思い、それを助けたいという
本能が あるはずです。
その本能を鷲掴みして、表の可愛さだけを 売り
その裏では、弱い動物を汚い手で 鷲掴みに している
そもそもの 生体販売を 断固として 私たちは 反対するものです。
日本では、動物は法的に 器物扱いです。
それにも 問題が ありますが、物の方が まだ大事にされていると
言えるほど、生体販売における 犬たちの環境は 過酷を極めて
いるのです。
(一部の悪徳業者ですが、優良業者は 限られています)
日本そして、世界の皆様
これが、思いやりの国、世界で一番 清潔な国と言われている
日本の本当の姿です。
彼らは 生きているんです。
私たちと 同じく、血が流れ 心があり、泣いたり、笑ったり、 美味しいものを食べたり、太陽の下で 芝生の上を 走りたいんです!
賛同を頂ける方へ
本当の意味で、慕われる国、命の尊厳を守る国として、一歩 踏み出すために、ご協力 下さい!

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

WE NEED YOUR HELP! (Petition) During this period of the corona virus, the pet industry in Japan has been booming. People buy pets from pet shops because they are cute, without knowing the horrible reality of the pet industry. Many new pet owners don’t think carefully about whether they are really capable of caring for a pet. When faced with the challenges of raising a pet, many of them find it more challenging than they expected and easily discard them like material objects, taking them to pounds where they will be exterminated. The pets in these pet shops come from breeders who raise animals solely for the purpose of profit. Many breeders are inhuman people who treat dogs and cats in an unimaginable way. Recently in Matsumoto City , Nagano, a horrible breeder was caught. He dreadfully abused dogs, keeping them in tiny filthy cages, stacked on top of each other, and giving them barely enough food to survive. They were only let out briefly, once every few months, so he could force them to mate. He also put female dogs through C-section births, with out using anesthesia. He cut open their stomachs and took the puppies out of the womb with his bare hands, causing the mothers to almost die from shock. (And he didn’t have a license to do any of this) Thousands of dogs who were victims to this breeder were found. A few hundred of these dogs who were deemed no longer usable to breed were rescued. However, the others were labeled “ usable” , and were taken away to other breeders, where they may face similar fates. Japan has very weak laws against animal abuse, so those poor animals won’t be rescued. They will continue to be used like puppy making machines and live in this hell until they are no longer useful, and then they will be terminated. The more people buy animals from breeders and pet shops, the more dogs and cats will have to suffer like this. This is something no animal should have to endure. Japan is famous for being one of the most “compassionate, beautiful and “clean” countries, but this is the reality… This is why we need you’re help! Join us in this petition to CHANGE JAPAN! #petition #we need your help #animal abused #stop animal abuse #pet shops #breeders #japan #change japan

【 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室様へ 】

この度の、松本市繁殖犬虐待事案に 絡めまして
日本全国の心ある国民から 以下の事を、強く要請致します。
〘今後の法改正についての要望事項〙
動物愛護法第44条に基づき
1,環境省は早急に動物虐待に関する問題を法務省と共有し、所有権が動物の救出を妨げることのないよう、動物の緊急一時保護と所有権の一時停止を盛り込んだ民法改正に向けて取り組むこと
2,動物虐待が確認された場合には、速やかに加害者から警察または自治体へ所有権を移行し、動物を救出するための適切な措置をとること
3,第一種動物取扱業者においては廃業し逃亡の恐れもあるため、業務停止命令、強制捜査並びに証拠動物の保護を行うこと
4,日本全国の動物取扱業者へ早急に立ち入り検査を「抜き打ち」で行うこと
 (販売目的での登録事業者優先)
5,立ち入り検査により重大な違反や動物虐待が認められた場合、管轄する自治体、保健所に対して所有権の凍結または一時停止する権限を付与すること。
〘松本市の劣悪繁殖事業所ついての個別要望事項〙
動物愛護法第44条に 基づき
1,今回告発された長野県松本市の劣悪繁殖場と、その状態を長年知りながら販売に関与した関連会社も含め、今後厳しい罰則を課すこと
2,長野県警、埼玉県警が連携して、繁殖業者、関与したペット業界に対する証拠隠滅についての捜査を行うこと
3,長野県松本市から埼玉県へ移送された犬達の所在を追及し、公表すること
4,長野県の繁殖業者の手元に残された200頭弱の犬たちの所有権を放棄させ、行政を通じて譲渡すること。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

※ 表題画像は 長野とは別件の画像となります。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

人と 動物の絆を 大事にすること

優しい動物に優しさを持つこと

このモラルを 一人でも多くの人々に、特に子供たちに

日本の犬猫の現実を知ってもらうための 活動グループが

まず 〘 あなたに 出来ること〙としての、呼びかけを 行っております。

署名だけでは、今の現状を 打破できるとは 行きません。

零れ落ちる水(命)を、現実に救うためには、ペットショップに

並んでいる、犬猫を〘可愛い~〙ではなく、〘可哀そうー〙という

気持ちを持つことが、大事なことでは ないでしょうか。

そんな情操教育を子供たちに、分かってもらうための活動です。

ぜひ、下記のリンクから よろしく お願い します。!

https://www.movie-for-life.jp/crowdfunding?fbclid=IwAR07NMFKQfFGKdy5WEWJZG45E1omy7GZdykQSHrFo9_gXpcaBqre7Gckiak

 

 

0 人が賛同しました。もう少しで 50,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が50,000に届きます!