Women's Studies を日本でも!女性が女性らしさを考え、行動できる社会を目指すために Japanese&English

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


私は現在、アメリカのカリフォルニア州立大学でWomen's Studies (女性学)を専攻しています。人種のサラダボウルであり、様々な価値観が多様に受け入れられているアメリカでジェンダーについて学びたいと考え、日本の大学から認定留学をして学んでいます。

*女性学 (Women's Studies)とは?

性差別意識や男性中心の視点にとらわれた既存の学問のあり方を批判し、女性の視点から問い直す研究 (大辞林 第三版の解説)

この授業や、私の大学内の有志の女子学生が集まり、アメリカ社会における女性のあり方について討論し合うキャンプに参加し、私の価値観は大きく変化しました。女性には無限の可能性があるということ。性を理由に自分の将来にリミットを作るのは間違っていること。実際にアメリカの大学には、既婚者の学生や、子供を連れて大学に来る学生などが当たり前に見受けられます。また広くアメリカ全土から見ても、女性のセレブがフェミニズムの必要性を訴えたり、#ME TOOなどのセクハラに対するムーブメント、女性の存在を尊重するデモなどが各地で行われています。男女が隔たりなく平等に教育を受けて生活し、女性の権利を訴えることが当たり前になっている社会がアメリカにはあります。

では、対して日本はどうでしょうか?アメリカで学んでいくうちに、日本における女性のあり方について深く考えるようになりました。男女雇用機会均等法などが制定されて、確かに女性が働きやすい環境や状況のは少しずつ変化して来てはいます。しかし、未だ結婚しない女性やシングルマザーの生活の苦しさ、女性の管理職比率、大半の夫婦が結婚したら姓を変える、などなど、根本的な部分、ステレオタイプは変化していないと考えるのが20年間日本で生きて来た女性としての見解です。

根本的なステレオタイプを変えるにはどうすれば良いのか、私はやはり教育の面から考えることが根本的な変化を起こすのに一番最善の方法であると考えました。もちろん日本にも研究している学会、大学は存在します。しかし主流になっていないことこそが問題であると私は考えています。

そこで具体策として、女性学をもっとたくさんの高校や大学で取り入れ、学び、研究できる環境を日本でも作ることを提案します。このキャンペーンを通じ、日本の女性が自身の性について問い直し、もっと輝くことのできる日本社会に変化していくように、ほんの一握りでも変化をもたらすことができれば幸いです!

(Women's StudiesのAction Projectでの1アイディアとしてこのキャンペーンを行なっています。)

以下英文 

In English ↓

 I study Women's Studies at CSUDH.  Women's studies is one of academic field in sociology, history, literature and psychology that focuses on the roles, experiences and achievements of women in a society. My perspectives concerning women’s right and issues ( ex feminism, social construction, the gender spectrum etc.) have changed throughout this class. All students who are taking this course have strong opinions about the problems surrounding women, I was surprised and inspired by them. In addition, in the United States, women participate in demonstrations and movements that to be heard and have changes in women's rights. 

Japanese women's social advancement is far behind compared to other developed countries. Against this issue, Japanese government made believed the solution was establishing law. These laws had very little effect on women rights in Japanese society. Women still find it hard to get a managerial position, single and unmarried mothers find it hard to make ends meet. Japanese have "stereotypes" about women which are: women must do housework,  get married, raise children and so on.

Not so surprisingly, women's studies is not common in Japan. For example, my Japanese university has not Women studies academic field. So I want to change this and help to create a Women’s Study degree. I think it will begin the change of our "stereotypes". ​

(This campaign for action project of Women's studies class)

 



今日:磨采さんがあなたを信じています

磨采 高橋さんは「文部科学省: Women's Studies を日本でも!女性が女性らしさを考え、行動できる社会を目指すために。 Japanese&English」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!磨采さんと187人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。