キャンペーン成功!

9月新学期制導入

93人の賛同者により、成功へ導かれました!


 

3月からの休校により、多くの子供たちが自宅学習を強いられています。

しかし、自宅学習にも限界を感じ、我々保護者もこの初めての危機に、どのようなサポートをすれば良いのか、不安な日々を送っています。

5月7日以降、学校が再開された地域もあれば、更なる休校を余儀なくされた地域もあります。

3ヶ月もの学習の遅れをこの数ヶ月で取り戻せるとは考え難く、また多くの子供たちがたくさんの楽しみを失い、保護者としてもどのような心のケアをすれば良いのか、まったく見当が付きません。

そこでお願いしたいのが、9月新学期制導入です。

諸外国も9月新学期制であることから、留学などの点における利点があるとともに、今回、この世界的危機において、学習の遅れを補うことも可能だと思うのです。

いろいろと課題はあることは承知していますが、この休校期間というたくさんの穴を開けたまま、進学・進級して良いのでしょうか?

4月24日、全国中学体育大会が中止、そして、26日にはインターハイが中止となり、多くの中高校生が一瞬にして夢を失ってしまいました。

『努力は裏切らない』と、日々、鍛錬を積んできた彼らの夢をこんな形で潰していいはずがありません。

どうか、このピンチをチャンスに変え、多くの学生にもう一度、夢を与えて頂きたいのです。

楽しみにしている運動会を…修学旅行を…

部活動で、日々のつらい練習を耐え抜いてきた仲間たちと、一緒に勝負できる機会を…

進学に向けて学習をする学生に不安のない学校生活を…

どうか、与えて頂きたいのです。

 

子供たちには未来があるとはいえ、このような形で傷を負っては、未来へのモチベーションも変わってきてしまうように思えるのです。

子供たちの未来の土台となるのが、教育だと思います。

どうか9月からリスタートし、全ての学生が未来へ向かって歩んで行けるよう、協議して頂きますよう、よろしくお願い致します。

 



今日:美香さんがあなたを必要としています

丸山 美香さんは「文部科学省: 9月新学期制導入」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!美香さんと92人の賛同者と一緒に賛同しましょう。