部活動をがんばった高校3年生に代替の大会を!

0 人が賛同しました。もう少しで 7,500 人に到達します!


~高校3年生~部活動花道プロジェクト

正式に夏の甲子園が中止になることが発表されました。

私も高校3年生の高校球児を持つ親です。

残念ではありますが最後の最後まで開催を模索していただいた高野連さんに感謝しています。

よく…

野球だけが特別ではない…

そう言われます。

私の子供は幼稚園の年中から野球をしてきました。

ですから…

私にとって野球はやはり特別なものです。

しかし…

サッカーをしてきたお子さんやその親御さんにとってはサッカーは特別なものだと思います。

バスケットもバレーも吹奏楽も…

それぞれの部活にがんばってきた高校3年生。

それを支えてきた親御さん。

部活は違えどみんな同じ想いだと思っています。

 

甲子園・インターハイなど…

昨年まで当たり前に行われていた大会が高校3年生にはなくなりました。

がんばってきた高校3年生に代替の大会を開催してほしい…

そう考えています。

事態はまだ予断を許さない状況にあることも承知しています。

何が何でも開催すべきだ…

と言うことではありません。

時期をずらしたり…

無観客であったり…

今こそ…

大人が…

やれない理由を探すより・・

出来る可能性を探し・・

高校3年生のために必死に考え行動するべき時ではないでしょうか。

 

多くの高校3年生が

『仕方ない』という言葉で何とか自分を保とうとしています。

この高校3年生を

【コロナ世代】

【かわいそうな世代】

と呼ぶのではなく

【最後まで諦めずにがんばった世代】

【一番応援された世代】

にしてあげたいのです。

部活をがんばってきた全ての高校3年生に花道を作ってあげたい…

部活をがんばってきた全ての高校3年生に区切りの大会を開催してあげたい…

そう思っています。

仮に…

状況が好転せず大会が出来なかったとしてもそれは仕方がありません。

ただ…

部活動を全力でがんばってきた高校3年生達に…

これだけの人間が君達を応援していたんだよ。

という想いだけでも届かせてあげたいのです。

全ての高校3年生に代替の大会を!

署名が集まりましたら文部科学省に提出する予定です。

ご賛同いただけましたら幸いです。

#部活動花道プロジェクト


<要望書全文>

文部科学大臣 萩生田 光一様

インターハイに続き甲子園大会も残念ながら中止となってしまいました。

決断をされた関係者の皆様も苦渋の決断であり最後の最後まで大会開催が出来ないかを模索して頂いたことに心から感謝申し上げます。

上記にありますように部活動をがんばってきた全ての高校3年生にどうか代替の大会を実施できるよう各方面への働きかけをお願い申し上げます。

状況を見ながら無観客試合や日程の変更など感染のリスクを最小限に抑えての開催など・・

やれない理由ではなく出来る可能性を大人が考え、今こそ大人が立ち上がるべきだと考えています。

【かわいそうな世代】ではなく【一番応援された世代】にしてあげたいと思っています。

高校3年生に最後の輝ける場所を・・。

どうぞよろしくお願いいたします。

年中夢球/本間一平