教員の無免許教科授業をやめさせてください。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


 教員の数が足りません。人員が足りないため、免許外教科の授業を担当する事態が常態化しています。「英語の教員が家庭科の授業を受け持つ」、「数学科の教員が美術の授業を行う」、「体育の教員が技術の授業をする」など、学校の規模や人員の配置の仕方にもよりますが、免許外の教科であっても担当せざるを得ない実態があるのです。このことは、教員に多大な負担を強いています。専門的な知識も経験もない教科であっても、授業で教えなければならないので、自身が免許を持つ専門の教科指導に比べ、時として数倍の労力と時間をかけなければなりません。このような状態は何より生徒にとって好ましくないでしょう。各教科の授業時数に合わせた教員の配置をするべきです。そのために、教員採用の枠を広げることが必要です。新たな雇用を生み出すことができますし、生徒が、きちんと免許を持つ先生の授業を受けることができるようになります。教員の数を増やし、免許外教科担当をなくすよう求めます。



今日:PEACE LOVING WORKERS' UNIONさんがあなたを信じています

PEACE LOVING WORKERS' UNIONさんは「文部科学省: 教員の無免許教科授業をやめさせてください。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!PEACE LOVING WORKERS' UNIONさんと53人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。