コロナの拡散を防ぎ、授業をちゃんと受けれるように大学の入学時期を九月からにすることを求めます!

コロナの拡散を防ぎ、授業をちゃんと受けれるように大学の入学時期を九月からにすることを求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:北川 翔 宛先:文部科学省

 私はこの春早稲田大学に入学する予定だった者です。 しかし、コロナウイルスの影響により入学式や新歓はもちろん、授業も五月中旬開始となりました。 そしてその授業も、オンラインによる映像授業という形式によるものです。 

この対策は正しいものだと思います。 大学という人が多く集まる場所は危険ですし、コロナウイルスが収束するまでは自宅待機を続けるのが1番というのも分かります。

しかし、自らが主体的に参加できないオンライン授業という形態だったり、映像越しのディスカッションなどといったやり方で授業を受けることにどうしてもやりきれなさを覚えました。 試験に合格して入学し、学費を払っている以上、このような形式で勉学に励めるのかという事に抵抗を覚えて署名を開始させて頂く事にしました。

 

私が望む事は、このコロナ騒動に伴い、以前から声が上げられていたように大学の入学、授業開始の時期を九月からにする事です。

この混乱下で無理やり授業を始める事はコロナを拡大させる事にしか繋がりません。 そして授業を平常に進めるために、春夏学期と秋冬学期を調整し、半年間授業をずらす事が最善だと考えます。

その他に九月にするメリットとしては、インターンや、就活に余裕が生まれるということが挙げられます。 また、欧米ではほとんどの大学が九月スタートであり、日本は少数派です。

デメリットに挙げられるのは、司法試験などの時期が四月スタートのスケジュールに合わせて作られている事などが挙げられます。  ですが今回のように集団感染が急速に広まっている異例の事態を鑑みると、五月の司法試験なども遅らせて、秋に改めて設ける、などの対策を打つべきだと思います。

今の感染スピードに応じて対策を変える姿勢では振り回されて被害を被る人が多く出てしまいます。周りでは、授業が遅れ、寮に入れるのが遅くなったにも関わらず学生証を取りに行かなくてはならないため、飛行機を使い日帰りでわざわざそのためだけに上京した友人も居ます。 様々な大学が少しずつ授業開始を送らせていますが、その度に上京する人たちはスケジュールを組み直しています。

今回の件で、高校を卒業したばかりの身で署名活動をするのは無謀と言われました。 しかし実際に大学に行けずにいて、コロナ騒動により本来受けれたはずの授業を受けれなくなっている私たちの声を聞いて頂けると嬉しいです。 お願いします。

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!