めざせ「20人以下学級」!教育予算ふやして輝け!みんなのえがお

コロナ禍の下で、京都市も3月5日から突然の一斉休校になりました。6月に入ってからはクラスを2つに分けた分散登校で過ごし、半ばになってやっと新年度初めて全員の学校生活が始まりました。3年生の孫娘に「良かったね。やっとお友だちみんなと一緒になれて」と言ったら、「いやや!分散登校の方がよかった・・・」と予想外の返事が返ってきました。「どうして?」と聞いたら「話し合いがすぐにまとまるし、先生ともいっぱいおしゃべりできたし・・・」と。
 いま、「この機会に少人数学級を子どもたちに贈ろう」と学校・教育関係者をはじめ国民の声になって広がっています。
 子どもたち一人ひとりに行き届いた教育をするために、20人程度の少人数学級はどうして必要です。
 子どもたちも「よかった!」と経験済みの少人数学級。20人程度の学級を、教職員を思い切って増やし、ぜひ、実現してやりたいものです。 三井 多美子

三井 多美子, 京都市, Japan
2 months ago
Shared on Facebook
Tweet