小中学校へのスマホもちこみを解禁しないで!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


先日,柴山文科大臣が

『生徒がスマホを小中学校に持ちこむことをOK』

にしようとする方針を発表しました。

 

これを撤回し,今までの文科省通知通り,

『スマホの小中学校への持ちこみを原則禁止』

とすることを求めます。

 

私は中学校の教師をしています。

スマホを学校に持ちこみ可能にすると,学校現場は大きく混乱し,生徒・教師ともに大きな不利益が発生することは火を見るよりも明らかです。

今日の職員室は【文科省が学校にスマホもちこみOKに】話題で持ちきりでした。

 

『休み時間にスマホで隠し撮りしたり,学校で撮った写メをSNSでばらまいたり,生徒同士のトラブルが起こっていじめにも発展するだろうね。』

『スマホの盗難はまちがいなく発生するよね。生徒・保護者とのトラブルの種になるよね。』

『高価だし,例えば掃除時間に他の子のスマホを落として壊したら,保護者間でもトラブルになるよね。』

『授業中に遊んだり不適切な使い方をしたりして,生徒指導の火種になるよね。』

 

この情報化社会において,スマホなどのICT機器に関する教育を,生徒たちにしていくことは必要であるということはわかります。

また,災害時の緊急連絡に必要ということもわかります。

 

しかし『学校にスマホ持ち込みOK』として,生徒同士のトラブルや生徒指導の火種をふやすことが,本当に生徒たちのためになるのでしょうか?

繊細な人間関係の中で成長している子どもたちが,さらにしんどい思いをするのではないでしょうか?

災害時の緊急連絡も,連絡用の機器を各家庭にリースするなど,他の手法を検討できないものでしょうか?

 

スマホもちこみのメリットよりも,デメリットの方がかなり大きいと考えます。

▼ツイッターアカウント

神原楓Twitter