【コロナ】新型コロナウイルス(COVID-19)による校舎閉館期間中の設備費の補填を!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


私はクリエイティブ系の大学に通う大学4年生です。新型コロナウイルス(COVID-19)による緊急事態宣言が発令された影響により、政府から対象地域の各大学に閉鎖要請が出されました。これを受け、対象地域の多くの大学が完全閉館となっており、現在大学に登校することができません。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、多くの大学生がアルバイトの勤務時間短縮や出勤停止になるなどの事態に陥っています。アルバイトの賃金で学費を賄っている学生も多く、このままでは今後の授業料、設備費等を支払えなくなり、結果として大学に居続けられなくなる危険性があります。また、通常授業を実施するために必要な教材等に加え、インターネット回線の契約、コンピュータやWebカメラ、ヘッドセットといったオンライン授業の実施に必要不可欠な機器の購入、環境構築などもすべて学生負担となっており、学生にしわ寄せが来ている現状があります。

学生は大学に対し授業料の他に演習費、実験費、設備費等を納入していますが、大学に登校できず大学の設備を利用できない事態にあるにも関わらず、すでに1年分の設備費を納入しているため、利用できない期間分については泣き寝入りするしか無い状況になってしまっています。この事態を受け、文部科学大臣、及び該当する各大学に対し、当該期間分相当の設備費の補填、返金を求めたいと考え署名活動を始めました。

多くの学生さんやそのご家族へも呼びかけていただき、一人でも多くの方が署名活動にご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。