文化服装学院へ今年度の学費の減額を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


「コロナウイルス感染症の流行に伴う休校措置」による学ぶ機会の損失に対する補償の要求

コロナウイルスの流行に伴い、文化服装学院では卒業式や卒業制作ショーの中止、授業開始日の延期、オンライン授業の実施等様々な対策が講じられました。
感染拡大の防止、学生の安全の確保が最重要であるということに疑う余地はなく、その対策には多くの学生がやむを得ないと納得していることだと思います。学校の迅速な措置には大変感謝しております。

しかし授業形態や日数の変更に対する後期授業料の5万円減額という対応については納得がいかない生徒、保護者が数多く存在します。

他大学でも5万円給付という対応は多く見られますが、文化服装学院は公式HPにおいても「アジアでNO.1」と謳っており、文化服装学院で学ぶべき理由として専門的な施設の存在や大規模な文化祭を挙げています。
このような学校で施設が使えず、イベントも開催が不透明という状況は生徒にとって大学などとは比較にならない学ぶ機会の損失です。

一方で学院のHP記載の「新型コロナウイルス感染症対策に伴う経済的支援について」には、授業料5万円減額はあくまでオンライン授業への環境整備費であり、教育の質は保たれると記述されています。

文化服装学院には第一に授業料に値する環境、知識の提供が果たして本当に可能なのかを精査し、生徒、保護者に説明する義務があり、場合によっては授業料の一部返金を要求します。