明治・大正期のピアニスト、久野久子の墓を史跡として保存しよう

このキャンペーンは終了しました

明治・大正期のピアニスト、久野久子の墓を史跡として保存しよう

145人の賛同者が集まりました
発信者:畑山 千恵子 宛先:文京区教育委員会、小石川伝通院

  明治・大正期の日本で本格的にベートーヴェンに取り組み、ドイツ・オーストリアに留学、留学先で自殺したピアニスト、久野久子の墓は東京都文京区の小石川伝通院にあります。この墓が撤去される恐れが出て来ました。墓石は日本を代表する彫刻家、朝倉文夫作で、重要文化財としても保護すベきです。この墓を史跡として保存するためにも多くの方のお力が必要です。ぜひ、ご賛同をお願いいたします。

このキャンペーンは終了しました

145人の賛同者が集まりました

キャンペーンをシェア