このキャンペーンは終了しました
宛先:東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会 理事長 竹田 恆和 様 と1人の別の宛先

招致委・東京都に「2020年オリンピック・パラリンピック東京開催」取り下げを求めます。

9月7日にアルゼンチンで行われた

国際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションにて、

安倍晋三首相が行ったスピーチおよび質疑においての説明(注1)は、

東京電力福島第一原子力発電所の事故後の処理に関する現状と

かけ離れた内容のものであり(注2)、

世界の人々を欺くと言っても過言ではないものです。

 

世界中が注目し、東京への招致の最大のネックと言われていた

福島第一原発の汚染水や放射能汚染に関して、

実際の状況とかけ離れた説明に基づいて

世界中が期待するスポーツの祭典を日本で開催することは、

正々堂々を旨とするスポーツ精神の冒涜であり、

世界中の人々への不徳であり、

日本国民の国民性を貶めるものです。

 

私たちは、多くの日本国民がオリンピック東京開催を切望し、

また、既に政府をはじめとして多様な主体が開催に向けて動き出していることを知っています。

オリンピックが東京で開催されれば、スポーツ関係者はもちろんのこと、

多くの人々に夢と希望を与え、また、経済的なメリットも大きなものになるでしょう。

東日本大震災からの復興や、福島原発の汚染水処理が加速する理由にもなるかもしれません。

 

しかし、それらはあくまで日本国民の都合です。

オリンピックは世界中の人々と分かち合う機会であり、

世界の人々に正しく日本の現状を理解してもらい、納得してもらった上での開催でなければ、

どんなに日本のメリットが大きくても、意味はありません。

 

福島第一原発の状況は、日々新たな汚染が発覚することからも、

管理されているとは到底言い難い状態です。

事故を起こした東京電力ですら、

水素爆発を起こした原子炉の核燃料が今どこでどのような状態になっているのか、

また地下水がどのように流れ、汚染水がどのように漏れているのか、

はっきりとは把握できておらず、推測の上で対策を立てている状態です。

 

そして今回のプレゼンテーションでは触れられませんでしたが、

福島第一原発には2700本を越える使用済み核燃料が残されており(注3)、

特に4号機には1300本以上の使用済み核燃料が、

ひびが入った燃料プールに残されています。

大地震や竜巻などが福島第一原発を襲って燃料プールがさらに破損・倒壊したり、

使用済み核燃料回収作業中に核燃料が落下するなどの事故が起きれば、

甚大な被害を及ぼすと考えられています(注4)。

 

以上のように、福島第一原発は潜在的に非常に大きなリスクを抱えており、

その状況を完全につかんでいるとも言えず、また対策もまだまだ道半ばです。

「状況を管理できている」「現在も将来も健康問題は起きない」と断言するには

ほど遠い状況であることは明白です。

 

それにもかかわらず、現状を覆い隠すような説明によって勝ち取ったオリンピックを、

私たちは心から喜べるでしょうか。

オリンピックまでの7年間に、大地震などの大災害や、

人為的な事故が福島第一原発をはじめとする

日本中の原子力発電所を襲う可能性を誰も否定できません。

そしてその時は、関東地方も無事ではいられなくなる可能性も大いにあるのです。

 

このような状況でオリンピックを喜んでいれば、

日本人とはどのような手段でも自分たちが勝利を得ればそれでよい国民なのだと、

世界中に記憶されるでしょう。

今、本当にこれでよいのかと声を上げなければ、

違うと知りながら、現実とはかけ離れた首相の説明内容を容認することになります。

このような姿勢を、私たちの子どもやこれから生まれてくる世代に、

あなたはひとりの人間として見せられるでしょうか。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会および東京都は、

東京でのオリンピック開催の決定を返上し、

再投票にかけるなどすべきです。

目先の利益や快感を越え、真に社会が大切にすべき価値を求める姿勢が、

全ての日本人に求められていると思います。

全世界に対し改めて事実に基づく正確な説明をした上で、

スポーツマンシップに則った、正々堂々の五輪招致を勝ち取るため、

2020年東京五輪招致決定の返上を求めます。

 

 

(注1-1) 【ANN News】原発事故に関する安倍総理の答え IOC総会質疑応答(13/09/08) http://www.youtube.com/watch?v=zJK-DZpGNOE  

(注1-2) 【朝日新聞】汚染水「現在も将来も問題ない」 プレゼンで安倍首相

http://www.asahi.com/politics/update/0907/TKY201309070362.html

 【ブエノスアイレス=田伏潤】安倍晋三首相は7日午前(日本時間同日夜)、

2020年夏季五輪の招致演説で、東京電力福島第一原発の汚染水漏れについて

「状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えることを許さな

い」と強調した。

 

特集:2020夏季五輪招致

 その後の質疑で国際オリンピック委員会(IOC)委員から根拠を問われ、

「汚染水の影響は原発の港湾内の0・3平方キロメートル範囲内で、完全にブ

ロックされている」と説明。食品や水からの被曝(ひばく)量も厳しい基準を大

幅に下回るとし、「健康問題については今までも現在も将来も全く問題ない」と

訴え、「抜本解決に向けたプログラムを私が責任を持って決定し、実行してい

く」と約束した。

 

 首相は演説後、記者団に「誤解は解けた。世界で最も安全な都市だという理解

はいただいた」と自信を見せた。

 

(注2) 【毎日新聞】安倍首相:汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い

http://mainichi.jp/select/news/20130910k0000m040073000c.html

安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国際オリン

ピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションで、福島第1原発の

汚染水問題をめぐり、「完全にブロックされている」「コントロール下にある」

と発言したことについて、「実態を正しく伝えていない」と疑問視する声が出て

いる。

 

 9日に開かれた東京電力の記者会見で、報道陣から首相発言を裏付けるデータ

を求める質問が相次いだ。担当者は「一日も早く(状況を)安定させたい」と応

じた上で、政府に真意を照会したことを明らかにするなど、認識の違いを見せた。

 

 防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海に流出するのを

防ぐための海側遮水壁が建設され、湾内での拡大防止で「シルトフェンス」とい

う水中カーテンが設置されている。また、護岸には水あめ状の薬剤「水ガラス」

で壁のように土壌を固める改良工事を実施した。

 

 しかし、汚染水は壁の上を越えて港湾内に流出した。フェンス内の海水から、

ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当たり1100ベ

クレル、トリチウムが同4700ベクレル検出された。東電は「フェンス外の放

射性物質濃度は内側に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明するが、

フェンス内と港湾内、外海の海水は1日に50%ずつ入れ替わっている。トリチ

ウムは水と似た性質を持つためフェンスを通過する。港湾口や沖合3キロの海水

の放射性物質は検出限界値を下回るが、専門家は「大量の海水で薄まっているに

すぎない」とみる。

 

 さらに、1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込むことで汚染水

は増え続けている。地上タンクからは約300トンの高濃度汚染水が漏れ、一部

は、海に直接つながる排水溝を経由して港湾外に流出した可能性がある。不十分

な対策によるトラブルは相次ぎ、今後もリスクは残る。「何をコントロールとい

うかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済

産業省幹部)という。

 

 安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベ

ルト)の100分の1」とも述べ、健康に問題がないと語った。厚生労働省によ

ると、国内の流通食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最

大0.009ミリシーベルト。だが、木村真三・独協医大准教授は「福島県二本

松市でも、家庭菜園の野菜などを食べ、市民の3%がセシウムで内部被ばくして

いる。影響の有無は現状では判断できない」と指摘する。【鳥井真平、奥山智己】

 

(注3) 福島県ホームページより

http://bit.ly/1e2pR2K

 

(注4)報道station 福島第一原発4号機使用済み核燃料プール問題(2012/05)

http://bit.ly/17WDHgW

 

【関連情報】

<ダイヤモンド・オンライン>あえて熱狂・東京オリンピックの死角を問う

http://diamond.jp/articles/-/41573

<水島宏明>安倍首相が五輪招致でついた「ウソ」 “汚染水は港湾内で完全にブロック” なんてありえない

http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20130908-00027937/

<住民運動でオリンピック開催が取り消された事例>

「当初、1976年冬季大会は1970年に開催された第69回IOC総会でデンバー(米国)での開催が決定していたが、環境破壊等の問題で住民の反対運動のため、1972年10月に実施された住民投票で大会開催が返上され、1973年2月にインスブルックに開催が決定した経緯がある。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF_(1976%E5%B9%B4)

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会 理事長
    竹田 恆和 様
  • 東京都知事/招致委員会 評議会 会長
    猪瀬 直樹 様

    2020東京オリンピック・パラリンピック開催取り下げを求める若者有志の会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では1,031名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:2020東京オリンピック・パラリンピック開催取り下げを求める若者有志の会さんがあなたを信じています

    2020東京オリンピック・パラリンピック開催取り下げを求める若者有志の会さんは「招致委・東京都に「2020年オリンピック・パラリンピック東京開催」取り下げを求めます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!2020東京オリンピック・パラリンピック開催取り下げを求める若者有志の会さんと1,030人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。