愛知トリエンナーレから、反日的な展示を撤去し、芸術監督の津田大介の解任と、監督報酬の返還を請求しよう!

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


あいちトリエンナーレ2019が、今年8/1から、10/14まで開催されるが、この会場となる愛知県美術館ギャラリーに、「表現の不自由」と題して、「慰安婦像」が展示されている。このような表現は事実無根であり、先の大戦で戦ったご英霊に対する冒涜であり、即刻撤去されるべきである。合わせて、昭和天皇を侮辱する映像や、安倍総理を侮辱するようなオブジェも又然りである。また、このような企画を立ち上げた芸術監督の津田大介は不適格であり、即刻解任を求め、監督報酬の返還を求めるものであります。