学費の減免を求めます。

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 賛同のやり方3ステップです。
 1.赤の「賛同ボタン」を押す
 2.名字の欄に  A17000
  名前の欄に  愛知 太郎
  使っているメールアドレス
 3.その後、メールアドレスに届いた認証ボタンを押して、完了!※これを押さないと、賛同したことになりません。お願いいたします。

こちらの伝達ミスですが、学籍番号を記入せずに賛同してくださった方は、下のコメント欄に学籍番号とお名前を記入していただきたいです。お手数かけて申し訳ございません。(任意ですが、信頼性を上げるためにご協力お願いいたします)

【署名時の注意】愛工大の在学生・卒業生・学生の保護者、関係者の方は学籍番号や、保護者であることを名字の欄に書いていただけるとわかりやすいです。

「今すぐ賛同」をクリックした後
「名字」の欄に学籍番号、
「名前」の欄に氏名の記入をお願い致します。
【重要】
*記入して頂いたアドレス宛にメールが届きますので、認証ボタンをクリックすると署名が完了されます。認証をしないと署名が完了されないのでご注意ください。

*保護者の方はお子様の学籍番号を記入の上、(保護者)とご記入お願い致します。

是非賛同していただき、周囲の方にも広めていただきたいです。
ご協力よろしくお願いいたします。

____________________________________________
●大学関係者方々へ
 現在愛知工業大学では新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言を受け、講義を遠隔授業で行われることが決まりました。この対応は、学生とその家族、教職員の命を守るために適切であり、大学関係者の皆様が授業開始に尽力されていることに感謝を申し上げます。
 本署名活動においては以下の内容に賛同してくださった方のみご署名を行なってください。

●愛知工業大学の現状
 愛知工業大学では、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発出されている期間、原則として学生は本学キャンパスに立ち入ることはできません。それに伴って様々なサービスの利用が停止しています。
 また、5月4日(月)から当面の間、遠隔授業で行うことが決定しています。

●学生の生活
 新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言によりアルバイトができていない、また親の収入も減っている学生はたくさんいます。
 愛知工業大学の学生は一人暮らしをしている人が多くいます。アルバイトや奨学金、親からの仕送りによって生計を立てているでしょう。しかしそれが困難になっているのが現状です。実家に帰ることにより、家族に感染する危険性があるので、一人暮らしを継続している学生も少なくありません。
 学生の中には13人に1人が退学、休学を検討中というアンケート結果も出ています。経済的な理由により学びを諦めてしまう学生を一人でも減らしたいです。
 
●学生への影響
 上記のとおり、学生は通常通りの就学が困難です。図書館や計算センター、みらい工房や厚生施設など、大学内の施設が利用できなくなったことによって、勉学以外にも自己鍛錬に励むことが通常よりも厳しくなっています。
また、遠隔授業での講義をスムーズに行うために、大学側だけでなく学生側も自身でインターネット環境を整えることを求められています。
 講義のオンライン化に関して、特に実習科目は用具の使用ができないことから講義の質も低下していると考えられます。
 さらに通常講義内で配布予定である資料も、必要に応じて学生自身が費用を負担して印刷する等の状況が予想されます。通信環境の設備にかかる費用も懸念されます。

●大学側に求めること
 このような現状を考慮し、学生に対して次のことを求めます。
①本来使うはずであった図書館や計算センター、みらい工房や厚生施設などの施設閉鎖によって発生する電気・水道・人件費などの余剰した費用の免除(返済)
②対面での”リアル”な授業を受けることのできない状況下での学費の免除(返済)
③その他従来できたはずであろう大学生活に関する学費の免除(返済)
④上記学費の返済の可否と、その明確な理由の学生への説明

●最後に
 学費を負担する親世代にとっても子どもの未来が決まる瀬戸際です。努力して愛知工業大学に入学した人もたくさんいます。お金がないことを理由に退学するという選択を無くしたいです。

 上記の内容を踏まえ、愛知工業大学では学生(留学生を含む学群生、学院生)の学費減免を求めます。
 学則には、納付金は原則として還付しない。とありますが本署名活動では既納した学納金の返金、又は今後納入する学納金等の減免を実現させることを目的としています。

 是非この活動に賛同していただければと思います。よろしくお願いいたします。

愛知工業大学がくせい 村地 加藤