学費及び授業料のの減額

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


新型コロナウイルス感染拡大により、政府は「緊急事態宣言」を発令しました。

それに伴い、愛知学院大学は4月6日から開始予定だった講義が延期に延期を重ね、今では春学期全てがWebでの授業になりました。

一方、学校側は感染拡大防止のため施設利用を禁止しております。

・トレーニングルームが使えない

・図書館の利用ができない

・グラウンド及び教室が使えない

・部活動ができない

などの問題があります。要するに我々学生が満足いく施設利用が出来てないということです。

それなのにも関わらず、学費や授業料も通常通り、納付期限の延長もなし。

さらには、休業要請や売上減少による人件費削減として、多くの企業や店舗が休業しております。そうなればアルバイトを含め、仕事が減っています。当然、仕事が減れば収入も減ります。となれば、学費を払うことや奨学金を借りて生活している学生の皆さんのダメージはかなり大きいものだと言えます。

だから学校側には1つの対応として、敷地内の立ち入り禁止による、施設利用が出来てない観点から学費、授業料の減額及び返還措置を取って頂きたいと考えております。

いくら国から10万円が支給されようと、コロナウイルスがどこまで続くか分からないことを考えると10万円では生活に支障が出てもおかしくはないでしょう。

その為、施設が使えないことや授業がWebのみでの授業、さらには今現在文面での課題や資料の配布のみとなっていることによる浮いた学費や授業料を返還して頂きたい。

そうすれば、生活費に加算することもできます。

 

だからこそ、愛知学院大学に在校している皆様にはご協力していただきたいです。

上記内容に共感していただける方は署名活動にご協力よろしくお願い致します。