愛媛県の公立学校の学校再開延長について

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


私は愛媛県の公立学校に通学している高校生です。

愛媛県では4月3日にコロナウイルスの感染者が7名増え、合計で19名となりました。中心部である松山市ではクラスターが発生し、その内1名が亡くなり、四国で初めてコロナウイルスによる犠牲者が出ました。また、愛媛県の感染者の中には0歳の乳児もおり、年齢層に関係なく感染者が増加し始めています。

私の通う学校には他の市町村から電車などで通学する生徒も多く、その電車も一両しかない場合があり乗車している人数も多いため、周囲との距離がとても近く、その上、換気の状態も悪く、正直電車に乗ることがとても怖いです。感染者が増加し始めているこの状況で学校の再開をしてしまえば電車内や学校で感染し、その生徒が無自覚のまま帰宅すると家族に感染させてしまう可能性があります。また、ご年配の方が多く住んでいる地域もたくさんあり地域の方と接する機会も多いので、ご年配の方に感染させてしまえば命の危機に繋がると思います。

私自身、一緒に住んでいる身内に年配の持病がある人がいて、私が感染して移してしまうと亡くなる可能性が高くなると考えました。また、私は受験生ということもあり勉強を進めたいという気持ちもありますが、若者は重症化しにくいとは言え、命に関わる問題なのでコロナウイルスに感染する可能性を考え、学校再開を延長するべきだと思います。

勉強は取り戻せたとしても、命は取り戻せません。

臨時休校の措置が決定した時よりも状況は悪化している今、学校を再開することは最適な手段だとは思いません。感染が広がってからでは取り返しがつかなくなると思います。感染経路が分かっているからと言って学校を再開してしまうと、そのことによって危機感を持っていた人が減少し、人が密集するところへ行く人が増加します。それでは今まで臨時休校をしていた意味がなくなります。このままでは不安を抱いたまま学校生活を送ることになるのではないでしょうか。

私たち学生に限らず、全ての人の健康、安全、命を守りたいです。

以上により、愛媛県の公立学校の再開を延長するべきです。